雑記

Windows Subsystem for Linux についての雑感

投稿日:2016年7月9日 更新日:

Windows Subsystem for Linux (以下 WSLと書きます)を少し触ってみましたので、現時点での感想を書いておきます。

WSLを使うと、Windows 10 内に Linux環境を作ることができます。これは仮想マシンでもないですし、CygwinのようにUNIX/Linuxの動作を模したWindowsバイナリが動くわけでもありません。本物のLinuxバイナリがWindows上で動きます。

オープンソースな世界のプログラムをLinux環境で書きたいという人であれば、Cygwinなどを導入する必要がなくなるので 嬉しい機能だと思います。Ubuntuがインストールされる形になるので、apt-getでパッケージをインストールすることもできて便利です。

但し、WSLは「Webサーバなどを動かすことは向かない」とされていますので、Webアプリケーションの開発を行う方は、「WSLがあるから OS X から Windowsに乗り換える」ということにはならないと思います。

また、「Bashの使い勝手で Windowsが使えて作業が捗る」というわけでもありません。WSLはLinuxのバイナリが動くサブシステムであるがゆえに、Windowsの世界とLinuxの世界はわりと隔絶されてしまい、Linux側から Windowsアプリケーションやバッチファイルを実行することもできません。このような用途ですと MSYS2などが合っています。

ということで、私のように Webアプリケーションを開発したり、コンピュータ上の作業をなるべくターミナル(Bashで)で済ませようとするタイプは、まだまだ MSYS2のお世話になりそうです。

📂-雑記

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

OSを更新する権利

ついこないだまで、「Windows 7/8/8.1 から Windows 10 へ勝手にアップグレードされた」という話題が世間を賑わしていましたが、実際はウィンドウを表示してユーザーに選択を求めていた …

no image

“ウェブブラウザ”の字面問題

最近 あらためて思ったことです。 IE / Edge / Chrome / Firefox などは “ウェブブラウザ” と呼ばれるアプリケーションなわけですが、どうもこの &# …

no image

Windows 10 の Insider Preview

Windows Insider Program に参加すると、Windows 10の開発中のバージョンが使えるようになりまして、特に Fast Ring という設定にしておくと、より早く新しいビルドを …

Windows 10 の操作を説明する動画を作ってみました

実験的に、「Windows 10 でタイトルバーに色をつける」という動画を作ってみました。

no image

ウェブサイトを開設しました。

よろしくお願いします。