雑記

パスワード管理ツールはOSに標準搭載して欲しい

投稿日:2016年9月7日 更新日:

インターネットで何かしらのサービスを利用すると、アカウント登録の際にパスワードを作ることになります。セキュリティの観点から、パスワードは複数のサービスで同じ文字列にしてはいけませんので、必然的に増えていきます。そうなると何らかの方法でパスワードを管理しないと扱いきれなくなります。
現在、いろいろなパスワード管理ツールが存在しており、コンピュータを使いこなしているような層では、この手のツールがよく使われているようです。しかし、そこまでコンピュータに詳しくない人はどうすればよいのでしょうか? コンピュータを使い始めたばかりの人であっても、インターネットのサービスは利用しますので、パスワードを管理しなくてはいけません。
そこで思うのは、パスワード管理ツールはOSに標準搭載されているくらいでないといけないということです。パソコンの基礎知識として最初に覚えるような項目の中に、パスワード管理ツールの利用方法も入っていなければいけません。そのためにはツールの使い勝手にも更なる工夫が必要かもしれません。
もうそろそろ、OSにパスワード管理ツールが標準搭載されてもよいのではないでしょうか?

※ これに関連して、「パスワードについて – ラボラジアン ソフトウェアセキュリティ情報」を書きました。

📂-雑記

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ブラウザを分けてプライバシーを守る

日頃、Chromeブラウザで Gmail を使っているのですが、当然ながら Googleアカウントでのログインが必要です。 これは、Chrome で行う操作の情報が Googleアカウントに紐付いた形 …

no image

インターネットとソフトウェアと英語

インターネットに繋がっていれば、世界中のウェブサイトにアクセスできるわけですが、日本語の情報と英語の情報とでは情報量が違います。例えば、日本語版ウィキペディアの記事数は約100万あるのに対して、英語版 …

PC

ノートパソコンのスペックに「分解の容易さ」を追加して欲しい

最近のノートパソコンはどんどん薄型になってきています。 それ自体は喜ばしいことなのですが、それと同時に分解することが難しくなってきています。狭いスペースに部品を収めるため、パソコンメーカー各社はいろい …

no image

プログラミングは簡単か?

時々、「プログラミングなんて簡単だ」と言う人がいますが、これは本当でしょうか? まず前提として、「プログラミング」というのは「プログラムを書くこと」なのですが、これは「ソフトウェアアプリケーションを開 …

no image

Windows Subsystem for Linux についての雑感

Windows Subsystem for Linux (以下 WSLと書きます)を少し触ってみましたので、現時点での感想を書いておきます。 WSLを使うと、Windows 10 内に Linux環境 …