雑記

インターネットとソフトウェアと英語

投稿日:2016年10月24日 更新日:

search_mushimegane

インターネットに繋がっていれば、世界中のウェブサイトにアクセスできるわけですが、日本語の情報と英語の情報とでは情報量が違います。例えば、日本語版ウィキペディアの記事数は約100万あるのに対して、英語版ウィキペディアの記事数は約500万となっており、5倍の違いとなっています。英語が読めるかどうかでアクセスできる情報量に大きな違いが出てくるわけです。

このことは、ウェブサイトだけではなくソフトウェア(ここではアプリケーションの意味です)にも言えます。ソフトウェアの世界では、新しい技術やツールが発表された場合、それがどこの国(日本以外)で作られたものであっても、たいていは英語で情報発信されまして、ソフトウェア自体も英語ですしドキュメントも英語です。こういった時、ソフトウェアというのはダウンロードすればすぐに試すことができるので楽でよいのですが、英語が読めないとちゃんと使うことはできません。その場合、ソフトウェアやドキュメントが翻訳されるまで待つことになりますが、いつ翻訳されるか分かりませんし、マイナーなソフトウェアであれば翻訳されないこともあります。そうなりますと、自分の趣味に活かせるソフトウェアが英語版しかない場合、ダウンロードして目の前で起動までできているのに、英語が読めないために使うことができないという悔しい思いをすることになります。

ということで、もしインターネットを使ってより多くの情報にアクセスしたい方で、現在英語があまり得意でないという方がいらっしゃいましたら、まずは英語のリーディングを勉強するとより世界が広がって楽しいのではないかと思います。

📂-雑記

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ブラウザを分けてプライバシーを守る

日頃、Chromeブラウザで Gmail を使っているのですが、当然ながら Googleアカウントでのログインが必要です。 これは、Chrome で行う操作の情報が Googleアカウントに紐付いた形 …

no image

ウェブサイトを開設しました。

よろしくお願いします。

no image

コマンドプロンプトからPowerShellへ

こんな記事を読みました。 Microsoft Replaces Command Prompt With PowerShell As Windows 10 Default Shell Windows 1 …

no image

パスワード管理ツールはOSに標準搭載して欲しい

インターネットで何かしらのサービスを利用すると、アカウント登録の際にパスワードを作ることになります。セキュリティの観点から、パスワードは複数のサービスで同じ文字列にしてはいけませんので、必然的に増えて …

no image

ソフトウェアの自動更新

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」 – ITmedia エンタープライズ WordPress の脆弱性がまたもや問題になっています。 このように脆弱性 …