雑記

人間の記憶は当てにならない

投稿日:2016年11月1日 更新日:

長い間コンピュータを使って仕事をしてきましたが、その過程で学んだことの一つに「人間の記憶は当てにならない」があります。

よくある例としては、パソコンで何か問題が発生した時に、「何もしていないのにパソコンがおかしくなった」と思ってしまうことが挙げられます。私も昔はよくありました。しかしこういう場合、大抵は人間が何かしたのが原因です。コンピュータが勝手におかしくなるということはあまりありません。

何度もこういう経験をしてきたため、今では自分も含めて人間の記憶をあまり信用しなくなりました。そもそも「ある情報が正しいかどうか」を判断するのは非常に難しいことですし、人間の記憶という曖昧なものは一歩引いて捉える必要があると考えています。

📂-雑記

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PC

ノートパソコンのスペックに「分解の容易さ」を追加して欲しい

最近のノートパソコンはどんどん薄型になってきています。 それ自体は喜ばしいことなのですが、それと同時に分解することが難しくなってきています。狭いスペースに部品を収めるため、パソコンメーカー各社はいろい …

no image

パスワード管理ツールはOSに標準搭載して欲しい

インターネットで何かしらのサービスを利用すると、アカウント登録の際にパスワードを作ることになります。セキュリティの観点から、パスワードは複数のサービスで同じ文字列にしてはいけませんので、必然的に増えて …

Windows

MSYS2のダウンロードに時間が掛かる

MSYS2 installer にある msys2-x86_64-20160205.exe をダウンロードしようとすると、やたら遅いですね。しつこく何回か試してようやくダウンロードできました。 ダウン …

no image

プログラミングは簡単か?

時々、「プログラミングなんて簡単だ」と言う人がいますが、これは本当でしょうか? まず前提として、「プログラミング」というのは「プログラムを書くこと」なのですが、これは「ソフトウェアアプリケーションを開 …

no image

ブラウザを分けてプライバシーを守る

日頃、Chromeブラウザで Gmail を使っているのですが、当然ながら Googleアカウントでのログインが必要です。 これは、Chrome で行う操作の情報が Googleアカウントに紐付いた形 …