雑記

人間の記憶は当てにならない

投稿日:2016年11月1日 更新日:

長い間コンピュータを使って仕事をしてきましたが、その過程で学んだことの一つに「人間の記憶は当てにならない」があります。

よくある例としては、パソコンで何か問題が発生した時に、「何もしていないのにパソコンがおかしくなった」と思ってしまうことが挙げられます。私も昔はよくありました。しかしこういう場合、大抵は人間が何かしたのが原因です。コンピュータが勝手におかしくなるということはあまりありません。

何度もこういう経験をしてきたため、今では自分も含めて人間の記憶をあまり信用しなくなりました。そもそも「ある情報が正しいかどうか」を判断するのは非常に難しいことですし、人間の記憶という曖昧なものは一歩引いて捉える必要があると考えています。

📂-雑記

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パスワード管理ツールはOSに標準搭載して欲しい

インターネットで何かしらのサービスを利用すると、アカウント登録の際にパスワードを作ることになります。セキュリティの観点から、パスワードは複数のサービスで同じ文字列にしてはいけませんので、必然的に増えて …

no image

Windows で自分のファイルはどこに置くか?

Windows では ユーザーのフォルダの中に「ドキュメント」というフォルダがあります(昔は「マイドキュメント」という名前でした)。 これは最初から用意された特殊なフォルダで、Windows の機能の …

no image

“ウェブブラウザ”の字面問題

最近 あらためて思ったことです。 IE / Edge / Chrome / Firefox などは “ウェブブラウザ” と呼ばれるアプリケーションなわけですが、どうもこの &# …

no image

覚えて選択して適用する

先日、あるボードゲームの本を読んでいたのですが、そのゲームが上手くなるためには、以下が大切であるように感じました。 予めたくさんの手筋・技(知識)を頭に入れておく。 目の前の局面に対して、その中から使 …

no image

Windows Subsystem for Linux についての雑感

Windows Subsystem for Linux (以下 WSLと書きます)を少し触ってみましたので、現時点での感想を書いておきます。 WSLを使うと、Windows 10 内に Linux環境 …