雑記

ブラウザを分けてプライバシーを守る

投稿日:2016年11月11日 更新日:

privacy_tokumeisei

日頃、Chromeブラウザで Gmail を使っているのですが、当然ながら Googleアカウントでのログインが必要です。 これは、Chrome で行う操作の情報が Googleアカウントに紐付いた形で Googleに収集されていることを意味します(設定で一部拒否できるのではありますが)。 そのため、Googleアカウントでのログインが必須ではないウェブサイト(勿論、ほとんどのサイトはこちらです)にアクセスする場合は、別のブラウザを使った方がプライバシーが守られるということになります。 ということで、最近、「Slimjet」というブラウザを使っているのですが、Chromeの拡張機能がそのまま使えますし、なかなか良さそうです。 しばらく使い続けてみようと思っています。

📂-雑記

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Windows で自分のファイルはどこに置くか?

Windows では ユーザーのフォルダの中に「ドキュメント」というフォルダがあります(昔は「マイドキュメント」という名前でした)。 これは最初から用意された特殊なフォルダで、Windows の機能の …

no image

ソフトウェアの自動更新

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」 – ITmedia エンタープライズ WordPress の脆弱性がまたもや問題になっています。 このように脆弱性 …

no image

OSを更新する権利

ついこないだまで、「Windows 7/8/8.1 から Windows 10 へ勝手にアップグレードされた」という話題が世間を賑わしていましたが、実際はウィンドウを表示してユーザーに選択を求めていた …

ケーブルテレビの訪問メンテナンスは断れます(ケーブルテレビの点検商法)

今だにやっているようですね。 私も経験がありますので、このサイトに書いておきます。 目次1. ケーブルテレビ会社の「訪問メンテナンス」2. このメンテナンスは断れます3. どのケーブルテレビ会社がこれ …

no image

人間の記憶は当てにならない

長い間コンピュータを使って仕事をしてきましたが、その過程で学んだことの一つに「人間の記憶は当てにならない」があります。 よくある例としては、パソコンで何か問題が発生した時に、「何もしていないのにパソコ …