プログラミング

JavaScript で URL を扱う場合の処理

投稿日:2016年11月30日 更新日:

JavaScript で URL文字列に関する処理を行う場合、セキュリティの観点から、URL()コンストラクタを使うことが推奨されます。URL()コンストラクタによって URLオブジェクトを生成し、そのオブジェクトの各プロパティを使って目的の処理を行うのです。

使い方

URL()コンストラクタは以下のように使います。

var url_string = 処理対象となるURL文字列; // どんな形式のURLがセットされているか分からない。
var url_base = "http://www.example.com"; // ベースとなる絶対URL, 通常は現在のURL(location.href や document.baseURI)をセットすればよい。
var urlObject = new URL( url_string, url_base );
console.log( urlObject.href ); // hrefプロパティで 絶対URLが取得できます。

注意点

但し、IEはこの機能が未サポートなので、以下のような polyfill を使いましょう。

JavaScriptのセキュリティに関しては、以下のページにもいろいろ書いたので、よければ参考にして下さい。

参考

📂-プログラミング

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プログラミング

アルゴリズムの計算量

アルゴリズムの計算量について説明しています。

web development

Layout Instability API を使ってレイアウト・シフトを検出する

目次1. Layout Instability API について2. サンプルコード3. インターフェイス情報PerformanceObserver interfaceLayoutShift inte …

JavaScript

JavaScriptで画面上の文字列をクリップボードにコピーする方法

目次1. はじめに2. Clipboard API and events を使う方法3. Selection API を使う方法(1) 基礎知識(2) プログラムの書き方(3) サンプルページ4. お …

Webサーバーの知識

分かりやすかった資料(外部サイト) 知っているようで知らないWebサーバアーキテクチャ // Speaker Deck

web development

Web Development for Beginners を読む:レッスン12, 13, 14

目次1. はじめに2. Lesson 12: Browser Extension Project Part 1: All about BrowsersIntroductionAbout the bro …