雑記

ソフトウェアの自動更新

投稿日:2017年2月15日 更新日:

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」 – ITmedia エンタープライズ

WordPress の脆弱性がまたもや問題になっています。

このように脆弱性が見つかった場合でも、なるべく迅速にWordPressの管理画面で「更新」作業をすれば何も問題が起きないことが多いのですが、ちゃんと更新作業しているユーザーがどれほどいるでしょうか?という問題がより深刻です。脆弱性の種類によっては、脆弱性を放置したWordPressサイトだけが被害を受けるのではなく、他の攻撃の踏み台として利用されてしまうこともあります。

これに関して連想するのは、Windows 10 の Windows Update です。特に Windows 10 Home では Windows Update が強制的に実行されます。この仕様に関してはよく批判されているのですが、今回のようなニュースを聞くと、コンピュータに詳しくない人であっても安全にこれらのソフトウェアを利用できる世の中にするためには仕方のない仕様なのかもしれないと思ってしまいます。難しいところですが。

参考

📂-雑記
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

“ウェブブラウザ”の字面問題

最近 あらためて思ったことです。 IE / Edge / Chrome / Firefox などは “ウェブブラウザ” と呼ばれるアプリケーションなわけですが、どうもこの &# …

no image

人間の記憶は当てにならない

長い間コンピュータを使って仕事をしてきましたが、その過程で学んだことの一つに「人間の記憶は当てにならない」があります。 よくある例としては、パソコンで何か問題が発生した時に、「何もしていないのにパソコ …

no image

Command Line Developers のための Bash & WSL

Windows 10 の Bash 機能 (Bash & Windows Subsystem for Linux) が強化されるという以下の記事を読みました。 Bash on Windowsが …

no image

「古くする」という問題解決方法

Windows 10 でUSB無線LAN子機を使うとブルースクリーンになる問題への対応方法 – ラボラジアン IOTリテラシー情報 にも書いたのですが、Windows 10で何か問題が起き …

no image

Windows Subsystem for Linux についての雑感

Windows Subsystem for Linux (以下 WSLと書きます)を少し触ってみましたので、現時点での感想を書いておきます。 WSLを使うと、Windows 10 内に Linux環境 …