ICT

2.5インチHDDの物理的破壊

投稿日:2017年4月28日 更新日:

先日、Seagate のHDD(2.5インチ, 500GB)が壊れてしまいました。

他のHDDのデータを、こちらのHDDにコピー(Linuxのddコマンドを使用)しても途中で止まるようになり、CrystalDiskInfo で状態を確認したところ「回復不可能セクタ数」が「1」以上になっていたため「壊れた」と判断しました。

HDDを捨てる前には、データを消去しておくことが大切なのですが、今回は物理的に破壊することにしました(念のため、破壊する前に「ソフトウェア的なデータ消去」も実施しました)。

実際に何をしたのかというと、プラッター(円盤部分)を割りました(下の画像の左下に2つあるのがそれです)。今回のHDDのプラッターはガラス製であったので、簡単に割ることはできるのですが、注意して行わないとガラスの破片が飛び散り、大変危険です。安易に真似しないで下さい。

分解してみるとそれほどたくさんパーツがあるわけでもなく、これだけの部品でデータを記録したり読み取ったりできるということにあらためて驚きます。

プラッター以外の部品をもとに戻してみました。メカ的な美しさも感じます。オブジェとして部屋に飾っておくのもよさそうです。

📂-ICT
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ICTリテラシー

PNGファイル内の幅と高さを編集する

PNGファイル内の幅と高さを編集する方法について説明します。

Learning English

英語リスニングの学習方法(リアルな音声を聞く)

英語リスニングには、リアルな音声を聞きましょう。

Windows

シャットダウンを実行してから、実際に電源がオフになるまでにはタイムラグがあります

Windows 10 においてシャットダウンを実行してから、本当にパソコンの電源が切れるまでには少し時間が掛かります。 デスクトップパソコンの場合、電源がオフになる前にコンセントを抜いてしまうと、シス …

no image

ネットにおけるプライバシーについて

目次1. 基本的なこと2. SNSやブログで情報発信する時に気を付けること3. 個人を特定することにつながる情報4. 画像をアップロードする場合5. 配達物の宛先ラベル6. 関連記事 1. 基本的なこ …

パソコン内に自分専用の情報データベースをつくる

「趣味や勉強・仕事に関して学んだこと」「日常生活の中で調べたことや気付いたこと」、パソコンを使ってそれらを記録していけば、それが自分専用の情報データベースになります。 目次自分専用の情報データベースを …