ICT

情報を信用し過ぎることの危険性

投稿日:2017年5月20日 更新日:

 今回の研究では、子どもを持つ親1374人(平均年齢34歳、男女比は半々)を対象に<子どもに発疹と発熱が3日間続いている>という内容の寸劇を見てもらった。

そして、親を3グループに分け、第1群には「子どもの症状は猩紅熱(しょうこうねつ)である」と示すように細工したインターネット検索の結果を見せた。

第2群には「川崎病である」と示す結果を見せ、第3群は何も情報を見せなかった。その後、全ての親に「医師の診断は猩紅熱であった」と伝えた。

すると、「猩紅熱の情報を見た人」では医師の診断を信じる可能性がアップ。一方で、「川崎病の情報を見た人」は診断に懐疑的になりやすいことが明らかになった。

また、「医師の診断を信頼する」と回答した人の割合は全体で81%だったが、「猩紅熱の情報を見た人」では91%に上昇。「川崎病の情報を見た人」では61%に過ぎなかった。

( 引用元:親が小児科医を信じるかは「グーグル先生」次第? いま問われる医療情報のリテラシー|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS 2017.05.15 )

ここで指摘されているのは、「医師の診断よりも、インターネットでの検索結果から得られる情報を信用してしまう」という傾向です。わたしの実感としても、これはあるだろうなという感想です。

しかし、この傾向には問題があります。Googleのような検索エンジンは、信頼性の高い情報が検索結果の上にくるように日夜アルゴリズムが改善されていますが、昨年末に問題になった「welq, MERY, iemo」といったサービスのように、検索結果を上手く操作して信頼性の低い情報を上位に表示させるといったことが起こりえるからです。また、それ以前にそもそもインターネット上に信頼性の高い情報が少ない分野もあります。

わたしも含めてインターネット歴が長い方は、インターネットから得た情報を信じすぎて失敗した経験が1つや2つはあるでしょうから、あまり信じすぎてはいけないという姿勢を身に着けているのではないかと思います。インターネットに限った話しではありませんが、よほど信頼のある情報源からの情報でない限り、基本的にはどんな情報も「こんなことを言ってる人もいる」くらいで捉えたほうがよいと思います。

📂-ICT
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ICTリテラシー

SI接頭辞と2進接頭辞

目次1. はじめに2. SI接頭辞と2進接頭辞の対応表3. SI接頭辞が使われている例4. 2進接頭辞が使われている例 1. はじめに 単位に関する接辞としてよく使われるものに、SI接頭辞があります。 …

no image

情報リテラシーに関する記事

目次一般インターネット上の情報についてOSセキュリティ 一般 外気温を測ってホームページで公開すると気象庁から怒られる件 – Qiita 情報を公開するにも制限のある場合がある例 インター …

Windows 10 をインストールしたら設定する項目

Windows 10 をインストールしたらすぐに設定しておくとよい(かもしれない)項目を紹介します。 目次1. Windows Update 関連Windows Update 後の再起動の日時を設定で …

Evernote

Evernote のプランをプレミアムからプラスにダウングレードできました

目次Evernote のプラス プラン続報2020年10月21日関連 Evernote のプラス プラン いつの間にか、Evernote から Evernote プラス プランがなくなっていました。 …

no image

パソコントラブルが起きたときの対応方法

目次OS が起動しない(BIOSの画面は表示する)BIOS も表示しない普通に使えるっぽいが、なんだか動作がおかしいパソコンに液体をこぼした参考になるサイト OS が起動しない(BIOSの画面は表示す …