Web

MathJax を試してみました。

投稿日:2017年7月6日 更新日:

MathJax は、HTML上で数式を美しく表示するための JavaScriptライブラリです。

基本的な使い方は、

  1. HTMLファイルに以下を記述して MathJax.js を読み込みます。
  2. HTMLファイルに LaTeX形式で式を書き、\[\] で囲みます。もしくは、バッククォートで囲みます。

こうしておけば、MathJax が数式を美しいHTML表現に変換してくれます。

以下のページで試してみました。

デモページ

? MathJax のテスト

また、これと似たサービスとして、iTex2Img – Online Latex Equation Editor があります。
こちらは、LaTeX形式で数式を書くとそれを画像に変換してくれますので、あとは HTMLファイルにその画像を埋め込むという使い方になっています。画像ですので、拡大縮小してしまうと汚くなってしまいますし、細かい調整が難しいです。その点 MathJax は、あくまで フォントとHTMLで表示してくれますので、キレイですしCSSによる調整も可能です。

MathJaxで生成した数式(のスクリーンショット画像)
iTex2Img で生成した画像

formula というウェブサービスもありますが、これは iTex2Img とだいたい同じです。

※ TeXの記号を調べる場合は、https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/CTAN/info/symbols/comprehensive/symbols-a4.pdf などが参考になります。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Web

AMP for WordPress プラグインを利用した AMP対応をやめる方法

AMP for WordPress プラグインを使って WordPressサイトをAMP対応する手順 では、AMP for WordPress プラグインの利用方法について説明しましたが、今回のその逆 …

Web

Intersection Observer API を使った画像の遅延読み込み

目次1. 画像の遅延読み込み(遅延ローディング)2. Intersection Observer API3. Intersection Observer API を使って画像を遅延読み込みする例1. …

Chrome

リソースの優先度によって同時にダウンロードされるかが決まる(Chrome)

リソースの優先度によって同時にダウンロードされるかが決まる(Chrome)。

Google

Googleマップで調べた経路をホーム画面に追加する (Android)

Android版の Googleマップで調べた経路は、ホーム画面にアイコンとして追加することができます。 手順は以下となります。 Google マップで調べた経路をホーム画面に追加する手順 (1) G …

web development

HTTPレスポンスヘッダ COEP, COOP, CORP, CORS についてのメモ

HTTP Response Header である COEP, COOP, CORP, CORS についてのメモです。