Web

MathJax を試してみました。

投稿日:2017年7月6日 更新日:

MathJax は、HTML上で数式を美しく表示するための JavaScriptライブラリです。

基本的な使い方は、

  1. HTMLファイルに以下を記述して MathJax.js を読み込みます。
  2. HTMLファイルに LaTeX形式で式を書き、\[\] で囲みます。もしくは、バッククォートで囲みます。

こうしておけば、MathJax が数式を美しいHTML表現に変換してくれます。

以下のページで試してみました。

デモページ

? MathJax のテスト

また、これと似たサービスとして、iTex2Img – Online Latex Equation Editor があります。
こちらは、LaTeX形式で数式を書くとそれを画像に変換してくれますので、あとは HTMLファイルにその画像を埋め込むという使い方になっています。画像ですので、拡大縮小してしまうと汚くなってしまいますし、細かい調整が難しいです。その点 MathJax は、あくまで フォントとHTMLで表示してくれますので、キレイですしCSSによる調整も可能です。

MathJaxで生成した数式(のスクリーンショット画像)
iTex2Img で生成した画像

formula というウェブサービスもありますが、これは iTex2Img とだいたい同じです。

※ TeXの記号を調べる場合は、https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/CTAN/info/symbols/comprehensive/symbols-a4.pdf などが参考になります。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Let's Encrypt

Let’s Encrypt: ホスト名毎に証明書を分けて発行する

ホスト名毎に証明書を分けて発行すると便利です。

CSS

CSS: Individual transform properties が便利

CSS の Individual transform properties が便利です。

Web

<pre><code>タグが引き起こす モバイルユーザビリティのエラー「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」

<pre><code>タグが、モバイルユーザビリティのエラー「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」を引き起こしていました。

Xserver

エックスサーバーに Bolt (CMSツール)を設置する

エックスサーバーに Bolt (CMSツール)を設置する方法を紹介します。

Web

クロスルート証明書の仕組みについての覚書

クロスルート証明書についての覚書です。