雑記

ノートパソコンのスペックに「分解の容易さ」を追加して欲しい

投稿日:2018年3月15日 更新日:

最近のノートパソコンはどんどん薄型になってきています。

それ自体は喜ばしいことなのですが、それと同時に分解することが難しくなってきています。狭いスペースに部品を収めるため、パソコンメーカー各社はいろいろな工夫をしていますが、「簡単に分解できる」という部分は犠牲になっています。

最初見たときは驚きましたが、両面テープが使われていたり、かなり小さなネジが大量に使われていたりします。これはこれで1つのやり方だとは思いますが、ただ問題なのは「分解しやすいノートパソコンを探すのが難しい」ということです。パソコンのスペック欄にそのような項目はありません。製造メーカーのウェブサイトを見ても、それらしい情報は載っていません。数値で評価するのが難しいということもあるでしょう。

ということで、第三者が実際に分解した情報をインターネットで検索することになります。メジャーな製品だとよいのですが、マイナーな製品だとなかなか情報が見つからなかったりします。もう少しラクに分かるとよいのですが。


スポンサードリンク

追記 (2019-08-14)

HP は YouTube で修理手順を説明した動画を公開しているようです。説明しているということは、「分解できる」ということで、これはポイントが高いです。

以下のツイートの元記事である HP’s YouTube Channel Is the Stuff of Repair Dreams – iFixit には、「HP の製品は修理しやすい」と書かれています。

追記 (2019-09-20)

追記 (2023-01-06)

参考

📂-雑記

執筆者:labo


  1. 名無しのPCリサイクル。 より:

    BTOかどうかで判断した方がよさそう。
    マウスコンピューター、ドスパラ、Thinkpadが分解しやすいそう。
    ただThinkpadも最新モデルバッテリー取り外しできなくしててあかんと思いますね。
    リサイクルしやすさは分解しやすさでもあって買取側PC販売店も分解しやすい方が良いのですが、メーカーが分解しやすいPCを売りたがらないのは問題ですね。
    分解しやすいと故障した時も部品交換だけで済ませれて良いですから。
    例えばOSが起動しない、バックアップにリカバリディスク作ってるかMacWin等の購入したOSや無料で使えるLunixがあれば新しいSSDをいれてブートすれば復活します。
    スマホでもiPhoneとかは分解しずらくてダメだと思います。
    スマホもブロック型の部品で別れてるスマホが発売中止になってがっかりでした

    • labo より:

      情報ありがとうございます。
      BTOに対応してるノートPCは良さそうですね。
      今後の調査の参考にさせて頂きます。

      「ブロック型の部品で別れてるスマホ」は、Project Ara のことでしょうかね。
      私にとっても非常に魅力のあるコンセプトでしたが、Google でもダメだったというのは相当現実的でなかったと取れますね。コストの問題だったようですが。
      スマホやタブレットも自分でパーツ交換したいですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノートパソコンの液晶サイズと画面解像度

スポンサードリンク 現在販売されているノートパソコンに対して不満に思っていることの一つに、液晶ディスプレイの画面解像度があります。 現在売れ筋のノートパソコンの液晶サイズは、だいたい15インチくらいな …

ICTリテラシー

インターネットとソフトウェアと英語

インターネットとソフトウェアと英語について書いています。

no image

ブラウザを分けてプライバシーを守る

日頃、Chromeブラウザで Gmail を使っているのですが、当然ながら Googleアカウントでのログインが必要です。 これは、Chrome で行う操作の情報が Googleアカウントに紐付いた形 …

Windows 10 の操作を説明する動画を作ってみました

実験的に、「Windows 10 でタイトルバーに色をつける」という動画を作ってみました。

no image

プログラミングは簡単か?

時々、「プログラミングなんて簡単だ」と言う人がいますが、これは本当でしょうか? まず前提として、「プログラミング」というのは「プログラムを書くこと」なのですが、これは「ソフトウェアアプリケーションを開 …