ICT

WebブラウザでWebサイトを閲覧する (Windows 10)

投稿日:2016年12月14日 更新日:

1. はじめに

Webサイトを閲覧する時に使用するのが、「Webブラウザ(以後、ブラウザと書きます)」と呼ばれるアプリケーションです。

2. ブラウザの種類

ブラウザの歴史

Webが始まってまだ間もない頃、Netscape Navigator というブラウザが大きなシェアを占めていました。しかし、2000年になる頃には Windows に標準搭載された「Internet Explorer (以下 IEと書きます)」が圧倒的なシェアを占めるようになりました。

その後、Webに関連する様々な技術仕様が標準化していく中で、「Firefox」「Chrome」といったブラウザがこれらの標準を素早く取り入れシェアを大きくする一方、IEは Microsoft 独自機能を多く実装していたためになかなか対応することができず取り残されていきました。Mozilla Foundation という非営利団体が開発する Firefox は、Netscape の流れを汲む歴史ある正統派ブラウザで、これを機にシェアを拡大していくかのように思われましたが、後発ながら Google 社が開発する Chrome がぐんぐんとシェアを伸ばしていきました。

こうした状況に対し、Microsoft は 新たなブラウザ「Edge」を開発し Windows 10 に標準搭載しましたが、現時点でのブラウザシェア は、Chrome が No.1 を維持しています。

Chrome と Firefox について

実際、Chrome は 非常によくできたブラウザなので、これを使っておけば間違いないのですが、プライバシーに関しては注意が必要です。Google はボランティアでブラウザを無償提供しているわけではありません。インターネット利用者の行動履歴を収集することで莫大な利益を得ている企業なのです。プライバシーに関する設定もあるにはありますが、だからといって全て信用できるわけでもありませんので、ある程度行動履歴が利用されることは割り切る必要があります。Chromeは Googleアカウントと紐付けられますので、Gmail のような Googleのサービスを使っている人でプライバシーが気になる人は、他のブラウザと併用するとよいかもしれません。この点に関しては Edge も同様で、Microsoftアカウントと紐付けられます。Firefox は非営利団体が開発していますので、そもそも行動履歴を収集する理由がありません。完全にないとは言い切れませんが、Google や Microsoft と比べれば雲泥の差です。(参考:プライバシーを守る方法

Firefox, Chrome, Edge には、アドオン(拡張機能)という機能があり、第三者である個人や企業が開発した拡張機能を後から追加することができます。 しかし現在 Chrome の人気が高くなってしまったために、このアドオンを作る人達が Chrome用のアドオン開発に優先的にリソースを割り当てるようになり、それ以外のブラウザのアドオンが活発に開発されなくなってしまった印象があります。Firefox もよいブラウザなのですが、この点において Chrome に差を付けられてしまったのは残念なことです。

スクリーンショット

以下に、ここで取り上げたブラウザのスクリーンショットを オススメ順に載せておきます。

Chrome

Chrome

Firefox

Firefox

Microsoft Edge

Microsoft Edge
  • Microsoft 推奨のブラウザです。
  • 見た目が他のブラウザとちょっと違う印象を受けます。機能も少ない印象を受けます。
  • Windows 10 の標準ブラウザですので、これからシェアを伸ばすことになると思います。

Internet Explorer

Internet Explorer
  • このブラウザは歴史が長い分、その負の面として技術的にいろいろ古くなってしまっています。何か特別な理由がない限り、今から使う必要はありません。

3. ブラウザの主な操作

現在、標準的なブラウザの地位を築いているChrome を例に、ブラウザの画面と操作について紹介します。他のブラウザもだいたい同じです。

Chromeの画面

タブ機能

は、「タブ」と呼ばれます。ブラウザの中で同時に複数のWebページを開いた場合、その1つ1つにタブがついてここに並びます。ここをクリックすることで Webページを切り替えることができます。

URLを入力して Webページにアクセスする

アクセスしたい Webページの URLを、 のアドレスバーに入力して Enter を押すことで、その Webページを取得して表示することができます。

文字列を入力して Webページを検索する

最近のブラウザでは、アドレスバーを使ってWebページを検索することができます。
検索キーワードを、 のアドレスバーに入力して Enter を押します。

設定を変更する

設定アイコン()をクリックすると、各設定メニューが表示されます。ここから設定を変更することができます。

Webページが表示される

URLを指定したり文字列を検索すると、その結果のWebページは、 の領域に表示されます。

4. その他の機能

お気に入りにウェブサイトを登録しておき、簡単にアクセスできるようにする

たいていのブラウザは、よくアクセスする WebページのURLを登録する機能を持っており、これを使うことで、毎回 URLを入力しなくて済むようになっています。

複数パソコンでの同期機能

Chrome, Firefox, Edge などでは、履歴 / アドオン(拡張機能)/ 設定などを、複数のパソコンで同期する機能が用意されています。

Chrome の場合は、同期するデータが Googleアカウントに紐付けられます。Firefox の場合は、Firefox アカウント に紐付けられます。Edge の場合は、Microsoftアカウントに紐付けられます。

📂-ICT
-,

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ICTリテラシー

特定のウェブサイトを見られなくする方法(ペアレンタルコントロール)

特定のウェブサイトを見られなくする方法を紹介します。ペアレンタルコントロールの1つの方法として使ってみて下さい。 例として、https://www.youtube.com にアクセスできないようにしま …

パソコンでもスリープ機能を活用する

パソコンが起動・終了(シャットダウン)に時間が掛かるのに比べて、スマートフォンやタブレットPCはすぐに起動・終了するイメージがあります。 しかしこれにはカラクリがあります。通常、スマートフォンやタブレ …

Mac

macOS High Sierra へのアップグレードでエラーになる場合の対処法

macOS High Sierra へアップグレードした時、以下のエラーが発生してアップグレードに失敗する場合の対処法を紹介します。 「パス”/System/Installation/Packages …

no image

「攻略!英語リスニング」が終了していました

遅まきながら、「攻略!英語リスニング」が3月で終了していたことを知りました。 「攻略!英語リスニング」というのは、NHKラジオ第2放送で放送していた語学番組です。毎週1つの英文(長文です)が用意され、 …

2進数を指で数える方法について

コンピュータの世界では 2進数がよく利用されますが、この2進数を「指で数える」方法というのはいろいろなところで紹介されています。 ちょっと見にくいですが、下図のような数え方をするのが一般的だと思います …