Web

cron-job.org を利用して特定のURLに定期的にアクセスさせる

投稿日:2020年3月18日 更新日:

1. cron-job.org について

cron-job.org というサービスを使うと、「特定のURL」に「定期的に」アクセスさせることができます。無料です。

Unix 系のOSでは、cron というコマンドで「特定のプログラム」を定期実行させることができるのですが、これが由来になっているサービスです。10年前にはすでに存在していたようです。

本記事では、この cron-job.org の使い方を説明します。

公式サイト

🔗 cron-job.org – Free cronjobs –

2. 利用手順

(1) cron-job.org にアクセスしてアカウントを作成します。

cron-job.org にアクセスして [Signup] ボタンを押し、アカウントを作成します。

入力項目は以下の通りです。

各項目を入力して [Create free account] ボタンを押すと、メールが届きますので、本文に記載されたリンク先にアクセスします。

これでアカウントが有効になりました。

[log in] リンク(画面の一番下の方にもあります)を開き、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

(2) cronジョブを作成する

画面上部にある [Cronjobs] を開き、[Create cronjob] ボタンを押します。

以下の画面になるので、各項目を入力していきます。

Schedule」のところでは、URLへアクセスするタイミングについて設定します。細かい指定が可能です。

Notifications」では、どのイベント時にメール通知させるかを指定します。

Common」のところにある [Save responses] にチェックを入れると、実行履歴のところから、アクセス時のレスポンスも見られるようになります。

各項目を入力したら [Create cronjob]ボタンを押します。

(3) cronジョブ一覧と編集

cronジョブ一覧画面

作成した cronジョブは、[Cronjobs] の画面に一覧表示されます。

右側にある [Edit] ボタンを押すと、その cronジョブを編集することができます。

cronジョブ編集画面

編集画面では以下のように [Advanced] というセクションが追加されており、[Request method] と [Custom headers] という2つの項目を編集することができます。

[Advanced] セクションが増えています

[Request method] では、HTTPリクエストのメソッドを指定します。

[Request method]

[Custom headers] では、任意のリクエストヘッダフィールドを追加することができます。 (”User-Agent” と “Connection” フィールドはサポートされていません)

[Custom headers]

また、[Common]セクションには「Enable cronjob」という項目が追加されており、この cronジョブの有効/無効が切り替えられるようになっています。

「Enable cronjob」が追加されています

(4) 実行履歴を見る

画面上部の [Cronjobs] を開き、特定の cronジョブの右にある [History] ボタンを押すと、その cronジョブの実行履歴が一覧表示されます。

右側にある [Details] ボタンを押すと、以下のように [Fetched URL] と [Status] が表示されます。

cronジョブの作成画面で [Save responses] にチェックを入れた場合には、レスポンスの内容も表示されます。

結果にレスポンスの内容が追加されます

3. メモ

  • 自分の運営するウェブサイト もしくは アクセスを許可されたウェブサイト のURLを登録してください。許可のないウェブサイトのURLを設定してはいけません。
  • 他人の作成した cronjob から自分のウェブサイトにリクエストがあった場合 (ウェブサーバーのログを見ると分かります) は、cron-job.org – Report Abuse ページで報告することができます。
  • cronジョブの編集画面において、[execution of the cronjob fails] にチェックを入れるとウェブサイトの死活監視に利用できます。

4. おわりに

用途は限られますが、便利なサービスだと思います。

レスポンスだけでなく、リクエストの内容も記録してくれると嬉しいです。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Firefox

Firefox の 強化型トラッキング防止機能

目次1. Firefox の強化型トラッキング防止機能2. 用語トラッカー (Trackers)ソーシャルメディアトラッカートラッキングコンテンツサードパーティのクッキー クロスサイトのトラッキングク …

Web

ウェブサイトを開いたら表示される「通知の表示」を求めるポップアップについて

ウェブサイトの「通知」機能について説明してます。

Web Security

SSLで使用する証明書運用の不便さ

上のどちらも、SSLの証明書が期限を過ぎてしまったことが原因で起きた問題のようです。 前者は詳しく見ていないので分かりませんが、後者はサーバー証明書ではなくデバイス側に保存されているクライアント証明書 …

Web

Screen Wake Lock API を使って、ディスプレイをスリープさせないWebページを作る

Screen Wake Lock API を使ったサンプルページを作りました。

Web

Chrome で SameSite=None に関する Cookieについての警告が表示される

Chrome で SameSite=None に関する Cookieについての警告が表示される理由について説明します。