WordPress

WordPress 5.4 以降で記事にリンクを貼る際のオプション

投稿日:2020年4月8日 更新日:

1. WordPress 5.4 でのリンクオプション

WordPress 5.4 になって、リンクを貼る際に指定できるオプションが増えましたので、このオプションについて説明します。

2. リンクを貼る手順

まず、記事中の特定の文字列にリンクを貼る手順を以下の図にしてみました。

テキストにリンクを追加する手順

本記事では、図中 5 で指定できるオプションについて説明します。

3. 指定できるオプション

3つのオプション

表にまとめました。

オプション 説明
Open in New Tab
  • リンク先のページを新しいタブで開きます。
Add “nofollow” to link
  • 検索エンジンのクローラー(GoogleBotなど)に対して、「リンク先とこのサイトは無関係である」、「このリンク先は辿らなくてよい」という意思を伝えます。
  • 自分のサイトの持つ信頼性によって、リンク先サイトにお墨付きを与えたくない場合などに指定します。
  • 例えば、信頼できないサイトへのリンクで指定します。
  • “sponsored” が適切であるリンクには、”sponsored” を指定し、”nofollow” を指定する必要はありません。
Add “sponsored” to link
  • 広告のリンク(有料リンク)の場合に指定します。
  • このタイプのリンクに対しては、以前は “nofollow” を指定していましたが、現在は “sponsored” が推奨されています。

4. おわりに

“nofollow” や “sponsored” に対して Google検索がどう扱うのかについては、Google に外部リンクの関係性を伝える – Search Console ヘルプ を参照してください。Bing に関しては、robot メタタグにおける説明ページ Which Robots Metatags Does Bing Support? – Bing Webmaster Tools しか見付かりませんでした。

📂-WordPress

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressで作られたサイトの利用テーマを調査する

ブラウザでサイトを見ていて、「これは WordPressを使っているのか?」「WordPressを使っているとしてら、何のテーマを使っているのか?」を調査する方法です。 ※ 100%分かるわけではあり …

WordPress

JP Markdown と Classic Editor をやめ、Gutenberg を利用することにしました

JP Markdown と Classic Editor をやめ、Gutenberg を利用することにしました。かなり便利そうです。

WordPress

WordPressのカスタムHTMLブロックで ‘>’ などを記述する場合の問題点 (未解決)

WordPressのカスタムHTMLブロックで ‘>’ などを記述する場合の問題点 (未解決)

WordPress

WordPress のプラグイン Autoptimize についての覚書

WordPress のプラグイン Autoptimize についての覚書です。

WordPress

WordPress に関する srcset と sizes 属性値の簡単な説明

目次1. はじめに2. srcset と sizes の仕組み3. WordPress での srcset と sizes3-1. sizes 属性3-2. srcset 属性3-3. [設定] &# …