Linux

シェルスクリプト:配列の要素をループ処理する書き方

投稿日:

シェルスクリプトで、配列の要素をループ処理する記述方法を紹介します。

以下がそのサンプルコードです。

#!/usr/bin/sh

set -eu

array=( foo \ 
        bar \
        baz
)
for i in "${array[@]}" 
do
    echo "$i" 
done
  • 配列の要素を1行ずつ書いています。これなら途中の要素は、先頭に「#」を書くことでコメントアウトすることができます。

出力結果はこうなります(ファイル名を array-loop.sh としてあります)。

$ ./array-loop.sh
foo
bar
baz

ちなみに Ubuntu の場合、/usr/bin/sh/usr/bin/dash のシンボリックリンクになっていますが、dash は配列が使えないので、シェルスクリプトのファイルの先頭行 (Shebang) には、/usr/bin/bash を記述します。

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Linux

du コマンドのエイリアスをメモ

du コマンドのエイリアスをメモ。

Linux

Ubuntu ではユーザー名に大文字が使えません(デフォルトでは)

Ubuntu で ユーザーを追加するには adduser というコマンドを使います。 例えば、”foo” という名前のユーザーを追加するには、以下のコマンドになります。 $ a …

Vim

Vim でファイルを編集した後、sudo でそのファイルを保存する

目次1. 困った状況2. 対応方法3. ~/.vimrc にキーマップを登録する4. 参考 1. 困った状況 Vim でファイルを編集した後に、sudo で開いていないことに気付いた場合の対処法です。 …

Linux

sed コマンドの基本形式

sed コマンドの基本的な指定形式について説明します。

Linux

Ubuntu: タブ補完が効かなくなった場合の対処法 (bash)

Ubuntu: タブ補完が効かなくなった場合の対処法 (bash)について説明します。