ICT

写真画像データ管理の基本

投稿日:2017年6月13日 更新日:

デジカメやスマートフォンで撮影した写真のデータ管理についてです。

基礎知識

写真は画像ファイルとして保存されます。画像ファイルには様々な種類があります。

写真に利用される画像ファイルには、

JPEG(ジェイペグ)

  • 非可逆圧縮の画像フォーマット
  • 静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のひとつ
  • 拡張子は、.jpg または .jpeg

TIFF(ティフ)

  • ビットマップ画像の符号化形式の一種
  • タグと呼ばれる識別子を使うことによって、様々な形式のビットマップ画像を柔軟に表現できる。
  • 拡張子は、.tif または .tiff

などが利用されます。詳細は、画像ファイルフォーマット – Wikipedia などを参照してください。

一番単純な管理方法

一般的に、デジカメやスマートフォンが持っている記憶領域には、

  1. 内蔵メモリー
  2. メモリーカード(差し込まれている SDカード)

の2つがあります。

どちらも、本体とパソコンをUSBケーブルで接続すれば、保存されているデータをパソコン側から見ることができます。SDカードは、SDカードリーダーを使えばパソコンで読み出すことができます。

画面1.デジカメをパソコンに接続してエクスプローラを開いたところ

肝心の管理方法ですが、単に「 これらの記憶領域にある画像ファイルをパソコン側にコピーする 」だけです。

「内蔵メモリー」「メモリーカード」の中には、DCIMという名前のフォルダがあり、ここに画像ファイルが入っています。これは業界標準で決まっています。

画面2.第一階層に DCIM フォルダがあります

DCIMフォルダの下には、最低 もう一階層あります。

画面3.第二階層にもフォルダがあります

エクスプローラに表示される「更新日時」などを参考にしながら、パソコン側にお好みのフォルダを作って分類していけばよいでしょう。

画面4.「更新日時」が分類のヒントになります

こうしてパソコン側にコピーしたファイルを、外付けHDD・USBメモリ・CD-ROM・DVD-ROM などにもコピーして保存しておけばバックアップになります。

付属のソフトウェア

ビデオカメラにも言えますが、デジタルカメラには付属のソフトウェアがついています。説明書を読むと、そのソフトウェアをインストールして写真の画像データを管理するような説明がされています。しかし、実際その手のソフトウェアは使わなくても問題ありません。

まとめ

付属のソフトウェアや、その他の画像管理ソフトウェアに、画像管理を任せてしまうと、実際の画像ファイルがどこにあるのか把握しづらくなってしまいます。また、今まで使っていた画像管理ソフトウェアが使えない環境に変わったときにも面倒です。
直接、画像ファイルを自分で管理するのが一番分かりやすいのではないかと思いますし、画像管理ソフトウェアで何かトラブルが起きた場合には、この方法に戻ることができれば安心です。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

どの製品(パソコン)を買えばよいのか?

1. どのパソコンを買えばよいのか? お目当ての製品がなく、且つパソコンについてあまり詳しくない場合は、価格.com の各パソコンカテゴリに載っている「 売れ筋ランキング 」を参考にするとよいと思いま …

ICTリテラシー

特定のウェブサイトを見られなくする方法(ペアレンタルコントロール)

特定のウェブサイトを見られなくする方法を紹介します。ペアレンタルコントロールの1つの方法として使ってみて下さい。 例として、https://www.youtube.com にアクセスできないようにしま …

Mac

Macの便利なショートカットキー

Macの便利なショートカットキー一覧です。

ICTリテラシー

IPアドレスとホスト名(FQDN)の対応付けを書く hosts ファイル

現在使われているパソコン(以下、コンピューターと書きます)には、hosts というファイルが1つ存在しています。 目次1. ホスト名に対応するIPアドレスを取得するためのDNS2. hosts ファイ …

プライバシー

プライバシーを守りつつインターネットを利用する方法(設定編)

インターネットを利用するときに利用するブラウザや、各種サービスにおいて、プライバシーを守るための設定方法を紹介します。 目次1. ブラウザの設定を見直す1-1. サードパーティ・クッキーを無効にする1 …