WordPress

WordPressの記事ページ上で、投稿ID/ページIDを取得するブックマークレット

投稿日:2021年10月6日 更新日:

1. はじめに

WordPress の投稿記事は「投稿ID」を、固定ページは「ページID」持っています。

WordPress 記事のページを開き、HTMLソースを見ると <body> タグの class 属性に入っています。

これは投稿IDの場合です。

この 投稿ID(やページID)を取得するブックマークレットを用意しました。

2. 投稿ID / ページIDを取得(表示)する処理

ブックマークレットの中身は以下です。

javascript:(()=>{const classArray = Array.from(document.body.classList),postId = classArray.filter((c) => c.startsWith('postid-')).toString().slice(7);if(postId != ''){alert('投稿ID: '+postId);return;}const pageId = classArray.filter((c) => c.startsWith('page-id-')).toString().slice(8);if(pageId != ''){alert('ページID: '+pageId);return;}alert('Not Found');})()

このままでは見にくいので、インデントして見やすくするとこうなります。怪しいものではありません。

javascript:(()=>{
    const classArray = Array.from(document.body.classList),
      postId = classArray.filter((c) => c.startsWith('postid-')).toString().slice(7);
    if (postId != '') {
      alert('投稿ID: ' + postId);
      return;
    }
    const pageId = classArray.filter((c) => c.startsWith('page-id-')).toString().slice(8);
    if (pageId != '') {
      alert('ページID: ' + pageId);
      return;
    }
    alert('Not Found');
})()

<body>タグの class 属性から投稿ID / ページIDを取得して、alert() で表示します。

3. ブックマークレット

以下のリンクをブックマークに登録してください。

このリンクをドラッグしてブックマークバーにドロップして登録することもできます。

4. 使い方

WordPress の記事ページにアクセスして、登録したブックマークレットを選択(= 実行)します。

ブックマークレットを実行したところ

5. おわりに

基本的に需要はあまりないと思いますが、「○○の記事の投稿ID/ページIDを取得したい」場合に、いちいちHTMLソースを見たり、編集ページにしたり(こちらかIDを取得することもできます)するのは意外と面倒なので作ってみました。

📂-WordPress

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress

WSL + Homestead で WordPress のプラグイン開発環境を作る

目次1. はじめに2. 環境3. 作業1. 今回 WordPress をインストールするディレクトリを用意します2. Homestead に Webアプリケーションの設定を追加します3. Window …

WordPress

WordPressのマルチサイトでサイトを判別するPHPコード

WordPress では マルチサイトといって 1つのWordPress内に複数のサイトを作成する機能があります。(詳しくは、ネットワークの作成 – WordPress Codex 日本語 …

WordPress

WordPress をフレームワークとして利用する

目次1. はじめに2. WordPress をフレームワークとして利用する場合に便利な機能3. ブログでない Webサイトに WordPress を使う試み3-1. したいこと3-1-1. メインのコ …

WordPress

JP Markdown と Classic Editor をやめ、Gutenberg を利用することにしました

JP Markdown と Classic Editor をやめ、Gutenberg を利用することにしました。かなり便利そうです。

WordPress

WordPress: create-block して wp-env start する際の注意点

WordPress: create-block と wp-env を使う際の注意点について書いています。