Web

Google Chrome 68 で、HTTPS非対応のマークが変わりました

投稿日:2018年7月26日 更新日:

1. Chrome 68 がリリース

2018年7月24日から Chrome バージョン 68 がリリースとなり、HTTPS 非対応のウェブページに対するマークが変わりました。

Chrome 68
Chrome 68

経済産業省のウェブサイト http://www.meti.go.jp で比較してみます。

2. 以前のマーク

以前はこんなマークが表示されていました。

以前のマーク
以前のマーク

このマークをクリックすると、もう少し説明文が表示されます。

以前のマークをクリックしたところ
以前のマークをクリックしたところ

3. Chrome 68 以降のマーク

Chrome 68 以降では、「保護されていません」という言葉も表示されるようになりました。

Chrome 68 以降のマーク
Chrome 68 以降のマーク

このマークをクリックした時の表示は変わっていないようです。

マークをクリックしたところ
マークをクリックしたところ

4. ついでに、https にしてアクセスしてみる

「現時点での記録」という意味も込めて、経済産業省のウェブサイトURLの “http” を “https” にして、つまり https://www.meti.go.jp にアクセスしてみます。

経済産業省のウェブサイトにHTTPSでアクセスしてみた結果
経済産業省のウェブサイトにHTTPSでアクセスしてみた結果

この表示は、「https://www.meti.go.jp というウェブページは存在しない」のではなく、「ウェブページは存在するけれども、SSLサーバー証明書に問題がある」という意味です。

「保護されていません」の部分をクリックしていくと、用意されている SSLサーバー証明書を見ることができます。実際に確認したところ、www.meti.go.jp というドメインではなくサーバー会社のドメインになっていました。経済産業省は、自分たちのドメインの SSLサーバー証明書を取得していないようです。

5. おわりに

インターネットの世界をよりセキュアにするため、Google が Chrome の仕様をどんどん変えていくのは悪いことではありません。

Let’s Encrypt の普及により HTTPSを使ってウェブサイトを作ることは簡単になりました。レンタルサーバーでも無料独自SSL が提供されているところが増えています。しかし、自分でウェブサーバーを用意してウェブサイトを公開する場合には、HTTPS化の作業も追加で行わないと「保護されていません」と表示されてしまうことになりました。インターネットをより安全にするためには、それぐらいの追加作業はやってくれということなのでしょう。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Firefox

Firefox のコンテンツブロッキング (Enhanced Tracking Protection)

Firefox の コンテンツブロッキング 機能について説明します。

Web

Source Map に関する情報

目次1. Source Map とは?従来の問題点ソースマップ(Source Map)ソースマップに関連するファイルを整理するソースマップの動作ソースマップは誰が作るのか?2. Chrome ブラウザ …

Google App Engine

Google App Engine にデプロイしてあるファイルをダウンロードする

Google App Engine にデプロイしてあるファイルをダウンロードする方法について説明します。

Web

sizes属性のデフォルト値は 100vw である

sizes属性のデフォルト値は 100vw です。

Web

AMP for WordPress プラグインを使って WordPressサイトをAMP対応する手順

目次1. AMP とは?なぜ、AMP が必要なのか?AMP フレームワーク1. AMP HTML2. AMP JS3. AMP キャッシュその他2. AMP for WordPress プラグインにつ …