Linux

CentOS 8 の certbot コマンドがエラーになっていたので対応しました

投稿日:

1. はじめに

以下の記事で導入した certbot コマンドですが、いつの頃からかエラーが発生していました。

CentOS

CentOS 8 で Snap から certbot パッケージをインストールする

2021.01.05

こうなると、サーバー証明書の更新が失敗して、正常にWebサイトが表示されません。

2. 原因

以前の記事では、以下のようにシンボリックリンクを作成していました。

$ sudo ln -s /snap/bin/certbot /usr/bin/certbot

ところが、いつの間にか python3-certbot というパッケージが、/usr/bin/certbot を上書きしてしまったようで、/usr/bin/certbot は、/usr/bin/certbot-3 のシンボリックリンクになっていました。

/usr/bin/certbot-3 を実行するとエラーが発生するのも気になりますが、今回は関係なさそうなのでとりあえず放っておきます。

3. 対応

今回問題が起きた CentOS 8 では、/etc/cron.d/letsencryp ファイルに certbot コマンドを記述して定期実行させ、サーバー証明書を更新させていました。

その certbot コマンドの部分は、今まで /usr/bin/certbot と記述していたのですが、ここを /var/lib/snapd/snap/bin/certbot に書き換えました。

一部抜粋しますと、こんな感じです。

0 1 4 * * root /var/lib/snapd/snap/bin/certbot renew \
        --cert-name www.example.com \
        --pre-hook "systemctl stop httpd.service" \
        --post-hook "systemctl start httpd.service"

これで、しばらく様子を見ようと思います。

4. おわりに

Certbot の公式ページ「Certbot Instructions | Certbot」には、今だに /usr/bin/certbot というシンボリックリンクを作成する記述がありますが、これは微妙なところです。そのうちまた python のパケージに上書きされてしまう可能性があります。

📂-Linux
-

執筆者:labo

関連記事

Linux

指定した条件にマッチするファイルを検索する find コマンド

find コマンドについて説明します。 ※ 本ページで扱うのは、find (GNU findutils) 4.7.0-git です。 目次1. find コマンドの使い方式 (EXPRESSION)式 …

WSL

WSL の Ubuntu 16.04 LTS を 18.04 LTS にアップグレードする

WSL の Ubuntu 16.04 LTS を 18.04 LTS にアップグレードしたときの手順を記録します。 目次1. 公式な情報2. 現状確認3. アップグレード作業(1) パッケージを最新の …

Linux

Ubuntu 18.04 (WSL) で curl がインストールエラーになったので対応しました

Ubuntu 18.04 LTS (WSL) の環境で curl コマンドをインストールしようとしたところ、エラーになりました。 この時の対応方法を説明します。 目次1. 状況2. 対応手順参考 1. …

Linux

du コマンドのエイリアスをメモ

du コマンドのエイリアスをメモ。

CentOS

CentOS Stream release 8 で「Configuration: OptionBinding with id “failovermethod” does not exist」というエラーが表示される

CentOS Stream release 8 で「Configuration: OptionBinding with id “failovermethod” does not exist」というエラーが表示される場合の対応についてです。