Linux

CentOS Stream release 8 で「Configuration: OptionBinding with id “failovermethod” does not exist」というエラーが表示される

投稿日:

1. 現象

CentOS Stream release 8 で dnf コマンドを実行したところ以下のエラーメッセージが表示されました。

Invalid configuration value: failovermethod=priority in /etc/yum.repos.d/epel.repo; Configuration: OptionBinding with id "failovermethod" does not exist 

日本語の場合は以下です。

Invalid configuration value: failovermethod=priority in /etc/yum.repos.d/epel.repo; 設定: id "failovermethod" を伴う OptionBinding は存在しません

2. 原因

dnf が failovermethod をサポートしていないらしいのが原因のようです。

3. 対応

メッセージで指摘されている /etc/yum.repos.d/epel.repo ファイル内の “failovermethod=priority” という行をコメントアウトします。

failovermethod=priority

先頭に “#” を追加してコメントアウトします(複数箇所あります)。

#failovermethod=priority

4. 参考

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux

【Linux】man コマンドの基本的な使い方

Linux をコマンドラインで使う場合、man コマンドでマニュアルを読むことができます(man は manual の略です)。 このページでは、この manコマンドの簡単な使い方について説明します。 …

xdebug

Ubuntu 16.04.3 LTS + PHP 7.2 の環境に Xdebug をインストールする

2018年1月29日に、Xdebug 2.6.0 (stable版) がリリースされました。 Homestead にもまた Xdebug がデフォルトでインストールされるようになるのではないかと思いま …

Google App Engine

Ubuntu 18.04 (WSL) に、Google Cloud SDK をインストールする

Ubuntu 18.04 (WSL) に、Google Cloud SDK をインストールする手順を紹介します。

Linux

ラベル行のある複数ファイルを1ファイルにマージするコマンド

ラベル行のある複数ファイルをマージするコマンドを紹介します。

Let's Encrypt

Let’s Encrypt で ‘-0001’ がついた証明書データを削除する方法

目次1. 問題点2. 対応方法念のため、存在している証明書を全て表示します。いらない証明書データを削除する3. 間違えて生成した ‘-0001’ の方を Webサイトで使用して …