Windows Tips

テキストファイルの文字エンコーディングを変更する

投稿日:2019年8月19日 更新日:

1. はじめに

テキストファイルに文字を入力する際、画面上に見えているのは文字ですが、ファイルに記録されるのは「コード(符号)」(ただの値)です。どの文字にどんなコードが割り当てられているかについてはいろいろな体系があり、これを エンコーディング(符号化)といいます。Web においては UTF-8 というエンコーディングが主流ですが、Windows での デフォルトエンコーディングは Shift_JIS (CP932) となっています。

ファイル単位でどのエンコーディングを使うかを決めますが、ファイル内には「どのエンコーディングが使われているか?」の情報を保存することができません。そのため、ファイルを開くアプリケーションが自動的に判別したり、手動でユーザーが指定して使うのが一般的です。ファイルが想定しているものとは別のエンコーディングでファイルを開くと文字化けが起きますので、その場合は別のエンコーディングを明示的に指定し直します。

エンコーディングについては、以下のページも参照してください。

文字エンコーディング

2017.06.07

本ページでは、テキストファイルで使用されているエンコーディングを変更する方法を紹介します。

※ 主に Windows を想定しています。

2. テキストエディタを使う方法

高機能なテキストエディタアプリケーションは、たいていファイルのエンコーディングを変更する機能を持っています。

ここでは、Mery というテキストエディタを使って操作手順を説明します。

例えば、「あああ.txt」という名前のテキストファイルが既に作成済み (Shift_JIS) であるとします。

(1) このファイルを Mery で開きます。

一番下の部分を見ると、このファイルが「シフトJIS」で記述されていることが分かります。

(2) [ファイル] メニュー – [名前をつけて保存(A)…] を選択します。

(3) [エンコード] のプルダウンメニューで、新しく採用したいエンコーディングを選択して、[保存] ボタンを押します。

(4) 上書きしてよいか聞いてくるので、[はい] を押します。

(5) 以上です。

ファイルは上書きされました。ウィンドウの下の部分を見ると、選択したエンコーディング名が表示されているはずです。

3. 専用のGUIアプリケーション を使う方法

ここでは、ZiiDetector というアプリケーションを紹介します。

ZiiDetector のインストール

ウェブブラウザで、ZiiDetectorの詳細情報 : Vector ソフトを探す! を開き、アプリケーションをダウンロードします。

ダウンロードされた圧縮ファイルを解凍し、生成されたディレクトリを任意のパスに移動させます。

ZiiDetector の使い方

(1) 解凍して生成されたディレクトリ内にある、ZiiDetector.exe というファイルを実行します。

ZiiDetector のウィンドウが開きます。

(2) エンコーディングを変更したいファイルを、ZiiDetector にドラッグ・アンド・ドロップします。

複数のファイルをまとめて処理することが可能です。

※ 以下のように、ファイルごとの文字コードが表示されますが、この手の検出機能は完璧ではないため間違っていることがあるかもしれません。

(3) エンコーディングを選択します。

※ 以下のように改行コードも指定できます。

(4) [変換] ボタンを押します。

(5) この時点で変換処理が完了しています。

[文字コード] が「Shift_JIS」になっています。

4. iconv コマンドを使う方法 (Linux, Mac, WSL)

Linux などでは iconv というコマンドで、ファイルのエンコーディングを変更することができます。

よく使うオプションは以下です。

  • -f オプション:元のテキストのエンコーディングを指定します。
  • -t オプション:出力用のエンコーディングを指定します。

いくつか使用例を紹介します。

Shift-JISの方をUTF-8に変換する。

$ iconv -f Shift-JIS -t UTF-8  > <変換後のファイル>

UTF-8 のファイルを Shift-JIS に変換する。

$ iconv -f UTF-8 -t Shift-JIS <変換前のファイル> > <変換後のファイル>
  • UTF-8 に関しては、UTF-8(BOM無し) なら処理できますが、UTF-8(BOM有り) は変換できないようです。

使用可能な文字コード一覧を表示

$ iconv -l
  • -f-t オプションに指定できるエンコーディングを確かめることができます。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WSL

WSL用ユーティリティ「wslu」を使ってみる

目次1. はじめに2. 前提とする環境3. wslu に関する情報4. wslu のインストール5. 各コマンドを使ってみるwslsys概要ヘルプを表示主なオプション実行サンプルwslfetch概要ヘ …

Windows

【Windows】使っているディスクが HDD か SSD か見分ける方法

Windows で、接続しているドライブが HDD なのか SSD なのかを見分ける方法について説明します。 手順 (1) エクスプローラを開きます(Windows + E キー同時押し)。 (2) …

WSL

WSL のターミナルから Windows側のGUIアプリを実行する

WSL のターミナルエミュレータ(以下「ターミナル」と記述します)上から、Windows側のGUIアプリを起動する場合は、以下のようなコマンドで実行することをお勧めします。 $ {Windows側の実 …

Windows

【Windows】重いアプリケーション(ソフトウェア)の優先度を低くして、他の作業を快適に行う

目次はじめにアプリケーションの優先度を落とす手順(1) タスクマネージャーを起動する(2) 重いアプリケーション(タスク)を探す(3) 目的のアプリケーション(タスク)の優先度を低くするまとめ はじめ …

Windows

Windows 10 でコントロールパネルを表示する方法

Windows 10 になって、少しずつ影が薄くなってきた 「コントロールパネル」の表示方法について説明します。 目次1. 「コントロールパネル」から「設定」へ2. Windows 10 でコントロー …