WordPress

WordPressで作られたサイトの利用テーマを調査する

投稿日:2016年7月3日 更新日:

ブラウザでサイトを見ていて、「これは WordPressを使っているのか?」「WordPressを使っているとしてら、何のテーマを使っているのか?」を調査する方法です。

※ 100%分かるわけではありません。

1. 前提

Chrome を使います。

2. 手順

(1) Chromeの拡張機能である Wappalyzer をインストールします。

(2) どこかのサイトを表示している際、Wappalyzer によって WordPress が使われているかどうかが分かります。

(3) WordPressが使用されていれば、そのサイト上で右クリックして「ページのソースを表示」を選択し、HTMLソースを表示します。

(4) Windowsの場合は Ctrl + f (Macの場合は Command + f)をタイプし(ページ上の文字列を検索する機能が使えます)、”wp-content/themes/” を検索します。

(5) “wp-content/themes/” の右側の文字列が、おおよそテーマを表す名前になっているはずなので、ここで何のテーマが使用されているかだいたい分かります。(100%分かるわけではありませんが)

3. その他の方法

ウェブサイトのURLを入力すると、そのサイトで使用されているテーマを調べてくれるウェブサービスもあります。

スポンサードリンク

📂-WordPress
-,

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress

WordPressサイトの記事に表示した画像を観察する (Gutenberg)

WordPressサイトの記事に表示した画像を観察します。

WordPress

WordPress 5.4 以降で記事にリンクを貼る際のオプション

WordPress 5.4 以降で、記事にリンクを貼る際のオプションについて説明します。

WordPress

WordPress テーマ STINGER 8 で、style.css の変更をすぐに反映させる方法

WordPress の無料テーマである STINGER 8 のカスタマイズのお話です。 スポンサードリンク 目次1. 問題点2. 対策準備作業style.css に変更を加えた後に必要な作業3. まと …

WordPress

【WordPress】Table of Contents Plus が生成した目次の直前に、ウィジェット(広告など)を表示するコードを自分で書く

Table of Contents Plus (TOC+) という WordPressプラグインが生成した目次の直前に、ウィジェット を表示する方法について説明します。 ※ 2018年6月6日: 目次 …

WordPressサイトで現在表示しているページの編集ページを開くブックマークレットを作りました

目次概要編集ページへのURL作成したブックマークレットまとめ 概要 WordPressにログインした後、通常のページ(管理ページではなく)を表示すると、画面上部に管理ツールバーが表示されます。このツー …