Web

誤って Chrome を閉じた後で、さっきまで開いていたページを開く

投稿日:2021年9月13日 更新日:

Chrome ブラウザでは、Webページを開いたまま、誤って Chrome を閉じてしまった場合でも、簡単に元の状態に戻すことができます。

Chromeの右上にある [設定アイコン] – [履歴] とたどると、「最近閉じたタブ」のすぐ下にあるのが、さっきまで開いていたタブのはずです。複数タブを開いていた場合は、「○個のタブ」という項目がそれで、ここをクリックするとまとめて複数のタブを開くことができます。

前回開いていたタブ「○個のタブ」を開く

「誤ってChrome を閉じてしまう」のではなく、単に「間違えてタブを閉じてしまった(Chrome は閉じていない)」場合でも、この [履歴] の中に先程閉じてしまったタブが入っているので、再度開くことができます。

閉じてしまったタブを復活させる場合、以前は拡張機能を利用していたのですが、最近はブラウザが標準機能として実装しているので、その必要はなくなりました。以前あった拡張機能も廃れてしまったようです。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Xserver

エックスサーバーのサイト転送設定が強化されました

エックスサーバーのサイト転送設定が強化されました。

Xserver

エックスサーバーに Bolt (CMSツール)を設置する

エックスサーバーに Bolt (CMSツール)を設置する方法を紹介します。

Web

Intersection Observer API を使った画像の遅延読み込み

目次1. 画像の遅延読み込み(遅延ローディング)2. Intersection Observer API3. Intersection Observer API を使って画像を遅延読み込みする例1. …

Web

各Webブラウザが使っているレンダリングエンジン

レンダリングエンジンとブラウザの関係について書いています。

Web Vitals

<script>タグのdefer/async属性について(その2:実例)

script タグの属性によって、JavaScript ファイルがどのように読み込まれるのか、3パターンを実際のWebページを使って比べます。