Web

BASIC認証の認証データをクリアする方法

投稿日:2021年11月25日 更新日:

BASIC認証で認証が成功すると、ブラウザはその情報を保持し、その後そのサイトにアクセスする際には、自動的に認証情報をリクエストにセットします。

BASIC認証のログイン・ダイアログ・ボックス
HTTPリクエストヘッダに認証情報がセットされる

この「ブラウザが保持した認証情報」は基本的にブラウザを閉じるまでクリアされませんが、強制的にクリアする方法を紹介します。(他にも方法はあるかもしれません)

手順

例えば、元の URL が

https://www.example.com/

であった場合、以下のURLでアクセスするだけです。

https://foo:bar@www.example.com/

foo:bar@」の部分は「ユーザー名:パスワード@」というフォーマットになっており、このURL は認証情報を上書きしていることになります。そのため、foo や bar は他の文字列でも構いません。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Web

ツールを公開するWebサイトを作っています

いろいろなツール(Webページ上で提供できるツールに限ります)を公開するサイトを作っています。 Tools on Web https://tools.laboradian.com/ 載せているツールは …

Web

Material の Icons (アイコン)を導入する手順

2020年8月:Material design icons 側に変更があり、手順が変わってしまったようです。 目次1. はじめに2. Icons の導入手順2-1. Google Web Fonts …

Web

ウェブサイトを開いたら表示される「通知の表示」を求めるポップアップについて

ウェブサイトの「通知」機能について説明してます。

Web

Source Map に関する情報

目次1. Source Map とは?従来の問題点ソースマップ(Source Map)ソースマップに関連するファイルを整理するソースマップの動作ソースマップは誰が作るのか?2. Chrome ブラウザ …

Web

Intersection Observer API を使った画像の遅延読み込み

目次1. 画像の遅延読み込み(遅延ローディング)2. Intersection Observer API3. Intersection Observer API を使って画像を遅延読み込みする例1. …