Windows Tips

ツールパネルウィンドウが畳まれた状態で Adobe Acrobat Reader DC を起動する

投稿日:2019年1月17日 更新日:

Adobe Acrobat Reader DC を起動した時、右側に表示される「ツールパネルウィンドウ (Tools pane)」が邪魔に感じたことはないでしょうか?

ツールパネルウィンドウというのはこれです。

ツールパネルウィンドウ
ツールパネルウィンドウ

これを畳む(閉じる)とこんな感じになります。

ツールパネルウィンドウを畳んだ状態
ツールパネルウィンドウを畳んだ状態

本記事では、このツールパネルウィンドウを畳んだ状態で、Adobe Acrobat Reader DC を起動する方法を紹介します。

手順

(1) 何かしらの PDF ファイルを、Adobe Acrobat Reader DC で開きます。

(2) [編集]メニュー – [環境設定] を開きます。

[環境設定] を開きます
[環境設定] を開きます

(3) 左のメニューにある [文書] をクリックし、[ツールパネルの現在の状態を記憶] にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。

[ツールパネルの現在の状態を記憶] にチェックを入れます
[ツールパネルの現在の状態を記憶] にチェックを入れます

(4) ツールパネルを畳んだ Adobe Acrobat Reader DC を終了すると、次回起動時に ツールパネルが畳んだままになっています。

なのですが、設定を変更した時に開いている PDFファイルを「ツールパネルを閉じた状態で」終了しても、次回起動時にその状態が維持されていない場合があるようです。その場合、もう一度ツールパネルを畳んだ終了すれば、次回起動時にはその状態が維持されていると思います。

参考

関連

Adobe Acrobat Reader DC をインストールする

2016.08.25
ICTリテラシー

Adobe Acrobat Reader DC や Adobe Flash Player のインストールでは提供オプションに気を付けましょう

2017.01.23

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows 10 のクイックアクセスにクイックにアクセスする

目次1. はじめに2. クイックアクセスを利用する手順3. フォルダをクイックアクセスにピン留めする4. おわりに 1. はじめに Windows 10 のファイルエクスプローラーに、「クイックアクセ …

Windows

Windows 10 のスリープと休止状態を利用する

Windows 10 における「スリープ」と「休止状態」の違いについて説明します。

Windows

エクスプローラーで目的のフォルダに素早く移動する方法(アドレスバーの活用)

Windows の(ファイル)エクスプローラーで、アドレスバーを活用して目的のフォルダに素早く移動する手順について説明します。

docker

Windows 10 Home のための、Docker Toolbox をインストールして WSL から使う方法

Windows 10 Home に Docker を導入し、WSL を利用してインストールした Ubuntu から使う手順について説明します。 目次はじめにDocker Toolbox の仕組みと W …

Windows

【Windows 10】エクスプローラーをタブ化する QTTabbar

Windows のエクスプローラーにタブ機能を追加するアプリケーション「QTTabbar」を紹介します。