ICT

フォルダには README.txtファイルを作って置いておく

投稿日:2017年6月6日 更新日:

アプリケーション(ソフトウェア)が入っているフォルダに、「README.txt」というテキストファイルが入っているのを見たことがあるでしょうか?(拡張子がなかったり、別の拡張子になっていることもあります)

厳密にはアプリケーションに限らないのですが、配布されたフォルダに README.txt が入っていれば、通常は「まずは、このファイルを見て下さい。ここに説明が書いてあります。」という意味になります。これはほとんど慣例のようなものです。アプリケーションであれば、インストール方法が説明されたINSTALL.txtというファイルが置いてあることもあります。

ここでは本題ではありませんが、何かフォルダを受け取ったら、まずは README.txtINSTALL.txt をちゃんと読むことが大切です。

ここからが本題なのですが、この慣習は「自分で作成したフォルダとファイル」でも役に立ちます。

ファイルと言っても、

  • 貰ったファイル
  • 既存のファイルに自分で編集を加えたファイル
  • 自分で作成したファイル

などいろいろありますが、作成したファイル内に、「そのファイル自身についての説明」を書いておけることはあまりありません。また、いくら自分で作成したファイルであっても、何ヶ月もすれば、そのファイルが何だったのかだんだん分からなくなってきます。ですので、そのフォルダ内のファイルについての説明を README.txt という名前のテキストファイルに書いておくと、後から見た時に思い出すことができて大変便利です。

画面1.フォルダに README.txt が配置されている

では、どうやって書くのか?についてですが、決まりはありませんのでご自分で分かりやすいように書けばよいと思います。

例えば、以下のように、Markdownという形式を利用して書くことができます。


ファイル名1
-------------

ここに「ファイル名1」についての説明を書きます。


ファイル名2
-------------

ここに「ファイル名2」についての説明を書きます。

リスト形式で書く場合は、以下のように書くことができます。

- 1つ目の文章
- 2つ目の文章
- 3つ目の文章

テキストファイルを活用しましょう

2017.06.06

まとめ

「自分でフォルダを作って、そこに何らかのファイルを置く」 という作業を行った場合は、README.txt を作って、そこにあるファイルについての説明を書いておきましょう!

これは、Windows, Mac, Linux を問いません。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KeePass の「グローバル自動入力」で使う Ctrl + Alt + A を押した時に、必ずIMEの入力モードを半角英数にする方法

当ウェブサイト内には、パスワード管理アプリケーションである KeePass について紹介したページがあります。 有料のパスワード管理アプリケーションで有名なものもいくつかありますが、特に Window …

ICTリテラシー

スマートフォンが紛失したらどうすればよいのか?

スマートフォンが紛失することを考慮して、日頃どういう準備をすればよいのか? 紛失した時には何をすればよいのか? についての情報をまとめます。 ※ ドコモ、au、SoftBank といったキャリアも遠隔 …

2進数を指で数える方法について

コンピュータの世界では 2進数がよく利用されますが、この2進数を「指で数える」方法というのはいろいろなところで紹介されています。 ちょっと見にくいですが、下図のような数え方をするのが一般的だと思います …

ICTリテラシー

情報を信用し過ぎることの危険性

 今回の研究では、子どもを持つ親1374人(平均年齢34歳、男女比は半々)を対象に<子どもに発疹と発熱が3日間続いている>という内容の寸劇を見てもらった。 そして、親を3グループに分け、第1群には「子 …

ICTリテラシー

IPアドレスとホスト名(FQDN)の対応付けを書く hosts ファイル

現在使われているパソコン(以下、コンピューターと書きます)には、hosts というファイルが1つ存在しています。 目次1. ホスト名に対応するIPアドレスを取得するためのDNS2. hosts ファイ …