Linux

2重に起動しているtmuxのうち、後から起動したtmuxに対してデタッチ操作する

投稿日:

1. 状況

tmux において、C-b d というキー操作は、tmux のセッションをデタッチすることを意味します。

  • prefix key はデフォルトである B キーとします。
  • C-b は、Ctrl キーを押しながら B キーを押すことを表しています。
  • C-b d は、Ctrl キーを押しながら B キーを押した後、両方のキーから指を離し、その直後に D キーを押すことを表しています。

ここで例えば、

  1. 手元のPC上のターミナルで tmux を起動する
    • 本記事ではこちらをローカル上の tmuxと呼びます。
  2. そこからリモートのコンピュータに ssh でログインする
  3. そのリモートのコンピュータ上でも tmux を起動する
    • 本記事ではこちらをリモート上の tmuxと呼びます。

という状況で、C-b d キーを押すと(prefix key は b とします)ローカル上の tmux とリモート上の tmux のうち、どちらに対してデタッチ操作が実行されるでしょうか?

正解は、ローカル上の tmux になります。キー入力を最初に受け取るのはローカルのPCであるので、これは自然な動作であると言えそうです。

では、リモート上の tmux に対してデタッチするにはどうすればよいでしょうか?

2. どうすればよいか?

リモート上の tmux のセッションに対してデタッチを命令するには、C-b C-b d というキーを押します。

3. 簡単な解説

最初の C-b C-bsend-prefix という命令になり、リモートのコンピュータ上(の tmux)に prefix key を送ってくれるようです。なので、結果的にリモートのコンピュータ上で C-b d キーを押した動作になります。

参考:tmux(1) – Linux manual page

4. 参考

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux

known_hosts ファイル内のハッシュ化されたホスト名(IPアドレス)を自分で算出する

known_hosts ファイル内のハッシュ化されたホスト名(IPアドレス)を自分で算出する方法を紹介します。

Linux

dig コマンドの出力内容を最小限にするオプション

dig コマンドの出力を最小限にするオプションについて書いています。

xdebug

Ubuntu 16.04.3 LTS + PHP 7.2 の環境に Xdebug をインストールする

2018年1月29日に、Xdebug 2.6.0 (stable版) がリリースされました。 Homestead にもまた Xdebug がデフォルトでインストールされるようになるのではないかと思いま …

Vim

Vim でファイルを編集した後、sudo でそのファイルを保存する

目次1. 困った状況2. 対応方法3. ~/.vimrc にキーマップを登録する4. 参考 1. 困った状況 Vim でファイルを編集した後に、sudo で開いていないことに気付いた場合の対処法です。 …

Linux

シェルスクリプト:配列の要素をループ処理する書き方

シェルスクリプトで、配列の要素をループ処理する記述方法を紹介します。