Linux

2重に起動しているtmuxのうち、後から起動したtmuxに対してデタッチ操作する

投稿日:

1. 状況

tmux において、C-b d というキー操作は、tmux のセッションをデタッチすることを意味します。

  • prefix key はデフォルトである B キーとします。
  • C-b は、Ctrl キーを押しながら B キーを押すことを表しています。
  • C-b d は、Ctrl キーを押しながら B キーを押した後、両方のキーから指を離し、その直後に D キーを押すことを表しています。

ここで例えば、

  1. 手元のPC上のターミナルで tmux を起動する
    • 本記事ではこちらをローカル上の tmuxと呼びます。
  2. そこからリモートのコンピュータに ssh でログインする
  3. そのリモートのコンピュータ上でも tmux を起動する
    • 本記事ではこちらをリモート上の tmuxと呼びます。

という状況で、C-b d キーを押すと(prefix key は b とします)ローカル上の tmux とリモート上の tmux のうち、どちらに対してデタッチ操作が実行されるでしょうか?

正解は、ローカル上の tmux になります。キー入力を最初に受け取るのはローカルのPCであるので、これは自然な動作であると言えそうです。

では、リモート上の tmux に対してデタッチするにはどうすればよいでしょうか?

2. どうすればよいか?

リモート上の tmux のセッションに対してデタッチを命令するには、C-b C-b d というキーを押します。

3. 簡単な解説

最初の C-b C-bsend-prefix という命令になり、リモートのコンピュータ上(の tmux)に prefix key を送ってくれるようです。なので、結果的にリモートのコンピュータ上で C-b d キーを押した動作になります。

参考:tmux(1) – Linux manual page

4. 参考

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Linux

Ubuntu 18.04 (WSL) で curl がインストールエラーになったので対応しました

Ubuntu 18.04 LTS (WSL) の環境で curl コマンドをインストールしようとしたところ、エラーになりました。 この時の対応方法を説明します。 目次1. 状況2. 対応手順参考 1. …

Linux

pip install でインストールしたパッケージを使おうとするエラーが発生する

目次1. はじめに2. 環境3. 対処方法4. おわりに 1. はじめに 以下のコマンドで、Python のパッケージをシステムにインストールしたとします。 $ sudo pip install {パ …

Linux

cp -p コマンドで維持されるタイムスタンプとは?

cp -p コマンドで維持されるタイムスタンプについて説明します。

Linux

【Linux】Info マニュアルの基礎知識と、閲覧に便利な pinfoコマンド

目次1. オンラインマニュアル (manコマンド)と Infoマニュアル (infoコマンド)2. Info マニュアルの基礎知識Info マニュアルのデータpinfo コマンドウェブ版もあります3. …

Let's Encrypt

Let’s Encrypt で ‘-0001’ がついた証明書データを削除する方法

目次1. 問題点2. 対応方法念のため、存在している証明書を全て表示します。いらない証明書データを削除する3. 間違えて生成した ‘-0001’ の方を Webサイトで使用して …