Web

Google App Engine にデプロイしてあるファイルをダウンロードする

投稿日:2020年8月18日 更新日:

1. はじめに

Google App Engine にデプロイしたファイルをダウンロードする方法について紹介します。

2. 手順

(1) ウェブブラウザで GCP にアクセスしてログインする

ウェブブラウザで、Google Cloud Platform にアクセスしてログインします。

ログインしたら、画面中央上部からプロジェクトを選択します。

(2) 対象とするプロジェクトのプロジェクトIDを確認する

画面左上のメニューから、[IAM と管理] – [リソースの管理]ページを開き、プロジェクトID を確認します。[ID] 列に表示されているのがプロジェクトIDです。

(3) 対象とするプロジェクトのバージョンIDを確認する

画面左上のメニューから、[App Engine] – [バージョン] ページを開き、バージョンIDを確認します。[バージョン] 列に表示されているのがバージョンIDです。一番上のバージョンでよいと思います。

(4) GCS 環境にファイルをダウンロードする

画面右上のアイコンをクリックして、Google Cloud Shell (GCS) をアクティブにします。まずは、この環境内にファイルをダウンロードします。

Google Cloud Shell をアクティブにする
Google Cloud Shell が開きました

特定のプロジェクトの特定のバージョンをダウンロードするには、以下のコマンドを実行します。

appcfg.py -A [YOUR_PROJECT_ID] -V [YOUR_VERSION_ID] download_app [OUTPUT_DIR]
  • [YOUR_PROJECT_ID] は、プロジェクト ID です。
  • [YOUR_VERSION_ID] は、プロジェクトのバージョン ID です。
  • [OUTPUT_DIR] は、ファイルのダウンロード先ディレクトリの完全パスです。
  • ファイルの数やサイズにも依りますが、結構時間が掛かります。

コマンド実行例

$ appcfg.py -A my-project -V 20200818t161023 download_app app-engine
  • この例の場合、app-engine ディレクトリにファイルがダウンロードされます。

(5) ローカルにファイルをダウンロードする

GCS にダウンロードされたファイルを、ローカルにダウンロードするためには、以下のコマンドを実行します。

dl [DIR_PATH]
  • [DIR_PATH] は、ダウンロードしたいディレクトリへのパスです。

先程のコマンド例の続きであれば、以下のコマンドになるでしょう。

$ dl app-engine

実際に試した際に、いくつものファイルに対して以下のエラーが表示されましたが、ちゃんとダウンロードできていました。

2020-08-17 21:58:19,715 ERROR appcfg.py:1647 Unable to create file "foo/bar/baz.png": path conflicts with an existing file or directory

3. 参考

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インターネット上での検索方法

Google 画像検索を表すURL http://images.google.com/search?tbm=isch&q=検索キーワード 執筆中

Web

AMP に関する情報

AMP 本来の目的からずれているように見える。この機能は必要?

Chrome

Chrome のローカルオーバーライド機能を使ってWebサイトのファイルをローカルのファイルに置き換える

目次1. Chrome のローカルオーバーライド機能とは?2. 使い方1. この機能で使用するローカル側のフォルダーを指定します2. 置き換えるファイルを指定します3. ファイルを編集します3. Ov …

Chrome

Chrome のアドレスバーから任意のサイトの検索機能を使用する方法

目次1. Chrome の検索エンジン管理機能2. 任意サイトの検索機能を Chrome に追加して使用する1. アルクのサイトで検索したときの URL を調査する2. 検索エンジンとして追加する3. …

Web

Googleの「広告に関する問題レポート」を使ってWebサイトの広告に問題がないかチェックする

目次1. 2019年7月9日から、Chromeブラウザの広告ブロック機能が有効になります2. 「広告に関する問題レポート」の使い方(1) ブラウザで「広告に関する問題レポート」ページにアクセスします。 …