Linux

【Linux】Info マニュアルの基礎知識と、閲覧に便利な pinfoコマンド

投稿日:2018年6月26日 更新日:

1. オンラインマニュアル (manコマンド)と Infoマニュアル (infoコマンド)

Linux のコマンドの多くは、GNU プロジェクト が開発していますが、特に基本的なコマンドは、GNU Core Utilities というパッケージとして提供されています。

そして、GNUプロジェクトが提供している各種パッケージに関するドキュメントは、「Texinfo」というフォーマットで作成されており、Linux では info コマンドで読むことができるようになっています。このドキュメントを、Infoマニュアル(ドキュメント)と呼び、これは オンラインマニュアル (manコマンド) とは別物です。オンラインマニュアルには概要して載っておらず、Info マニュアルの方に詳細が載っているコマンドがたくさんあります。

例えば、以下のコマンドで lsコマンドの オンラインマニュアル (manページ) を読んでみます。

$ man ls

すると、最後のあたりに以下のような記述があります。

ls コマンドのオンラインマニュアル
ls コマンドのオンラインマニュアル

lsコマンドの詳細は、ここではなく「Infoマニュアル」に詳しく説明されていて、それを読むには、info ls というコマンドを実行してくださいとあります。

実際にやってみます。以下のコマンドを実行します。

$ info ls

info コマンドは大抵は最初からインストールされています。

Infoマニュアルの ls に関するページ
Infoマニュアルの ls に関するページ

Infoマニュアルは、ページが階層構造になっていたり、別ページへのリンクを貼ることができたりと、オンラインマニュアルに比べると高機能です。

2. Info マニュアルの基礎知識

Info マニュアルのデータ

Ubuntu 16.04.4 の環境の場合、Info マニュアルのデータは、/usr/share/info 以下に配置されていました。

/usr/share/info ディレクトリ
/usr/share/info ディレクトリ

Linux 上の Infoマニュアルとはここのデータ全体を指すようです。

引数なしで info コマンドを実行すると、これらの各データへのリンクが貼られた「Infoメインメニュー」ページが表示されます。また、表示したいメニュー項目を引数として指定すれば、そのページを開くこともできます。

pinfo コマンド

Infoマニュアルは高機能であるがゆえに操作に慣れていないと使いづらいです(Emacs というエディタと似たような操作になっています)。色もついていません。

そこで、infoコマンドの代わりに pinfo コマンドを使うと少し操作がラクになります。

pinfo というのは、Infoマニュアルをターミナル上で読むツールで、操作に使うキーが少し変えられていたり(vi エディタに近くなっている)、色が付いたりします。

Ubuntu で pinfo をインストールするには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt install pinfo

では、まず 引数無しで pinfo コマンドを実行してみましょう。

$ pinfo

Infoメインメニューページが表示されます。
ここから、各メニューを辿っていろいろなページを見ることができます。

Infoメインメニューページ
Infoメインメニューページ

よく使うキーを表にしてみました。

キー 説明
j 1行下にスクロールする
k 1行上にスクロールする
n 次のノード(ページ)へ移動
p 前のノード(ページ)へ移動
u 1つ上の階層のページに移動する
Space ページを下にスクロールさせる。ページ末尾まで到達したら次のノードへ移動する。
Enter リンク上でEnterキーを押すと、そのページに移動する。
/ 正規表現を入力し、そのページ上の文字列を検索する
q 閲覧を終了する

次に、 ls コマンドのマニュアルを見てみましょう。

$ pinfo ls

この場合、ダイレクトに lsコマンドのページを表示することができます。

Infoマニュアルの ls コマンドについてのページ
Infoマニュアルの ls コマンドについてのページ

ウェブ版もあります

Infoマニュアルは、以下のURLから ウェブでも見ることができます。

GNU Manuals Online – GNU Project – Free Software Foundation

日本語版 もありますが、あまり翻訳されていません。

ls コマンドなどのマニュアルは、「Coreutils」というリンク先にあります。

GNUマニュアル・オンライン
GNUマニュアル・オンライン

ほとんど英語ですが、日本語で読みたい場合は、Chromeブラウザなどに用意されている翻訳機能を使うとよいでしょう。画面上を右クリックして「日本語に翻訳」を選択するだけです。

Chrome の翻訳機能を利用する
Chrome の翻訳機能を利用する

3. おわりに

Linux で使うコマンドについて細かく調べようと思うと、こういった公式マニュアルを読むことが大切になってきます。こういう調べ方があるということだけ覚えておいて、必要になったら時にちゃんと調べてみるというやり方でもよいと思います。

Linux

【Linux】man コマンドの基本的な使い方

2018.06.08

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

docker

docker run コマンドのパターン覚書

docker run コマンドのパターン覚書です。

Linux

pip install でインストールしたパッケージを使おうとするエラーが発生する

目次1. はじめに2. 環境3. 対処方法4. おわりに 1. はじめに 以下のコマンドで、Python のパッケージをシステムにインストールしたとします。 $ sudo pip install {パ …

Linux

systemctl コマンドの引数の順番は不便?

最近の Linux では、systemd というツールが導入されています。 systemd にはいろいろな役割があるのですが、その中でも大きいのが「各サービスの管理(操作)」です。 本記事は、この操作 …

Linux

コマンドラインからメールを送信する方法

Linux (や Mac) のターミナルエミュレータ上からメールを送信するコマンドを紹介します。 目次1. sendmail2. mail3. telnet4. おわりに 1. sendmail se …

Linux

umask によって適用されるパーミッションの確認ページを作成しました

Linux (や Mac) では、ファイルやディレクトリに「パーミッション」を設定することでアクセスを制限します。 パーミッションは、「所有者」「所有グループ」「その他」の3者に対して、 ファイルなら …