Linux

環境変数PATHにセットされたパスを1行毎に表示する

投稿日:2019年7月17日 更新日:

Linux(MacやWSLでも同様です)で環境変数 PATH を参照する場合、単に

$ echo $PATH

とやってしまうと、追加されている複数のパスが1行で表示されてしまい大変見にくいです(1つ1つのパスは、コロン(:)で区切られます)。

1つのパスを1行毎に表示するには、例えば以下のようなコマンドを実行することで可能です。

$ echo $PATH | sed -e "s/:/\n/g"

更にこれをエイリアスにしておけば、簡単に呼び出すことができます。

そのためには、~/.bashrc ファイルに以下を記述しておきます。

alias echopath='echo $PATH | sed -e "s/:/\n/g"'

Mac の場合は、sedコマンドの仕様が少し異なるので以下を記述します。

alias echopath="echo ${PATH} | sed -e 's/:/\'$'\n/g'"

ここでは、echopath という名前で呼び出せるようにしました。以下のように実行することになります。

$ echopath

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux

シェルスクリプト (Bash) では組み込みコマンド set を活用しましょう

Linux や MacOS、Windows の WSL でシェルスクリプト(Bash)を書く場合は、組み込みコマンド set を活用しましょう。より完成度の高い処理を書くことができます。 スポンサード …

docker

docker run コマンドのパターン覚書

docker run コマンドのパターン覚書です。

CentOS

CentOS 8 で spacewalk を削除する

目次1. spacewalk に関する警告が表示される2. spacewalk を削除する3. 参考 1. spacewalk に関する警告が表示される 2020年のある日、CentOS 8 で dn …

Linux

Ubuntu ではユーザー名に大文字が使えません(デフォルトでは)

Ubuntu で ユーザーを追加するには adduser というコマンドを使います。 例えば、”foo” という名前のユーザーを追加するには、以下のコマンドになります。 $ a …

Let's Encrypt

Let’s Encrypt でワイルドカードを使う

手持ちの CentOS 7 に入れてある certbot パッケージが バージョン 0.22.0 になり、Let’s Encrypt のワイルドカードに対応しましたので試してみました。 目 …