Windows Tips

Windows 10 Home で「ローカル グループ ポリシー エディター」を使う方法

投稿日:2019年11月18日 更新日:

1. はじめに

ローカル グループ ポリシー エディター」は、Windows の細かい設定を GUI を通して変更することができるツールです。

ローカル グループ ポリシー エディター

レジストリを直接触ることで Windows の設定を変更することもできますが、いろいろとハードルが高いため、このツールの存在はかなりありがたいものだと思っています。

しかし、このありがたいツールが Windows 10 Home では使えません。Windows 10 Pro や Windows 10 Enterprise でしか使えないのです。これはかなり残念です。

しかし、今回紹介する手順に従えば、Windows 10 Home でも ローカル グループ ポリシー エディター が使えるようになります。

注意

今回の手順を実行すると、元の状態に戻すことはできません(本当はできるのかもしれませんが、今のところその方法は不明です)。実行する場合は、自己責任でお願いします。

メモ

ついでに、ローカル セキュリティー ポリシー というツールも使えるようになります。これは、ローカル グループ ポリシー エディターで変更できる項目の中で、セキュリティーに関する部分のみを取り出したようなツールです。

ローカル セキュリティー ポリシー

2. Windows 10 Home で ローカルグループポリシーエディターを使う方法

(1) 以下の内容を記述したバッチファイルを作成します。

@echo off

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt

for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i"
pause

テキストファイルに 上記の内容を記述し、例えば デスクトップ上に enable-gpedit.bat というファイル名で保存します。

このバッチファイルでは、dism コマンドを使い グループポリシーに関連するパッケージをいくつか追加しています。

上記のスクリプトが動かない場合は、「@echo off」の下に、「pushd "%~dp0"」と記述すると動く可能性があります。

※ この記述は、「POPD コマンドで使用するために現在のディレクトリを保存し、指定したディレクトリに移動する」という意味になります。

(2) このバッチファイルを実行します。

このバッチファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択します。この操作により、バッチファイル内のコマンドが実行されます。

処理が終了すると「続行するには何かキーを押してください・ ・ ・ 」と表示されるので、何かキーを押します(例えば Enter キー)。

この時点で、ローカルグループポリシーエディターが使えるようになっています。

(3) ローカルグループポリシーエディター を実行してみます。

WindowsR キーを押して、[ファイル名を指定して実行] のポップアップウィンドウを表示し、”gpedit.msc” と入力した後、Enter キーを押して実行します。

これで、ローカル グループ ポリシー エディター が起動します。

それからこれは任意ですが、バッチファイル内のコマンドにより作成された一時ファイル「C:\Windows\System32\List.txt」は削除しておきましょう。

同様に、[ファイル名を指定して実行] で “secpol.msc” を指定して実行すると、ローカル セキュリティー ポリシー が起動します。

3. おわりに

上にも書きましたが、今回の操作では「グループポリシーに関連するパッケージをいくつか追加する」という処理を実行しており、今のところ元に戻すやり方が分かりません。実行する場合は、くれぐれも自己責任でお願いします( 私は実際試しました)。

4. 参考

📂-Windows Tips

執筆者:labo


  1. えこ より:

    batをDLさせて頂きました

  2. 名前 より:

    このページ内のスクリプトではバッチファイルの実行に失敗しました。
    参考の1つ目のサイトにのっているスクリプトでは成功しました。

名前 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Windows

Windows で「スタートアップフォルダ」を開く方法

Windows で「スタートアップフォルダ」を開く方法です。 (1) Windows + R キーを押して、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開く。 (2) “shell:start …

WSL

WSL の Ubuntu 18.04 で ssh-agent がおかしくなったので対応しました

先日「WSL の Ubuntu 16.04 LTS を 18.04 LTS にアップグレードする」という記事を書きましたが、どうやら WSL の Ubuntu 18.04 LTS では、ssh-age …

WSL

WSL (Ubuntu 16.04 TLS) に MongoDB をインストールする

WSL (Ubuntu 16.04 TLS) に、MongoDB をインストールする手順について説明します。 目次1. インストール手順2. MongoDB を起動する3. MongoDB に接続する …

Windows

Windows 10 Creators Update でのコントロールパネルについて

Windows 10 Creators Update 適用後は、Windowsキー + X (スタートメニューのアイコンを右クリックでも可)で表示されるクイックメニューから「コントロールパネル」が削除 …

Windows

Windows 10 で自分のIPアドレスを調べる方法

Windows 10 で、そのパソコンのIPアドレスを調べる方法について説明します。 ここで紹介している内容は、Windows 10 以前の Windows でもだいたい同じはずです。 目次1. IP …