ICT

買い物に失敗しないための商品調査リテラシー

投稿日:2017年2月20日 更新日:

例えば、Amazonのレビューで評価が高い本を買ってみたら、全く面白くなかったということがあります。こういった事態を少しでも減らすためには、事前によく調べておくことが大切だと思いますが、どのように調べたらよいのでしょうか?

商品を評価するための情報には、2種類あると思います。「商品そのもの」と「誰かの意見・感想」です(製造元/出版元からの情報であっても、主観が入っていれば後者であると判断します)。

まず、「商品そのもの」を自分で評価するには、以下のような手段が考えられます。

商品そのものを自分で判断する手段(本の場合)

  • Amazonなどのウェブサイトで読む(内容の一部を閲覧することのできる本があります)。
  • 図書館で読む。
  • 書店で立ち読みする(面白かったらそのお店で買いましょう)。
  • 誰かに借りる。

結局のところ、「他人」ではなく、「自分」にとって価値があるかどうか?が重要です。その商品に対して、何をどの程度求めているのか?というのは人それぞれ違うからです。ただし、評価するための知識がない場合は、妥当な評価指標を自分で探り出すことは難しかしいですので、誰かの意見を参考にすることになります。

「誰かの意見・感想」を得るには以下のような手段が考えられます。

誰かの意見・感想を、読む・聞く手段(本の場合)

  • その本について知っている人に直接感想を聞く。
  • インターネットで検索して、レビュー記事を読む。
  • Amazonなどのウェブサイトでレビューを読む(少数派のレビューも読む)(低評価のレビューも読む)。
  • 出版元のウェブサイトでその本についてのページを読む(あれば)。

この場合は「その情報を書いているのは誰か?」という点が重要です。人によって、持っている知識・経験・好みなどが違うからです。評価の高低に関わらず、評価している人はどのような人なのか? というのを常に考えなければいけません。例えば、その分野に詳しい人のレビューは、評価指標やそれらの指標に対する客観的な評価結果を知るためには参考になりますが、詳しい故の強いこだわりがあったりして、そのような部分は無視した方がよいこともあります。また、自分も知識がない場合は、立場が近い分、あまり詳しくない人のレビューの方が却って参考になることもあります。レビューで高評価の多い商品が、必ずしも自分にとっても高評価となるとは限りませんし、逆もまた然りなのです。そのためには、自分の立場についてちゃんと説明してくれているレビューを重視するとよいでしょう。また、当然のことですが、悪意が感じられるレビューは無視することです。
ということで、「その情報は自分にとって役に立ちそうか?」を日頃から意識して、情報を峻別する訓練をしていくことが大切であると思います。

まとめ

結論としては、「レビュー記事などから商品についての評価指標及びその評価結果の情報をある程度仕入れた上で、なるべく実物に触れ、自分は満足できそうか?考える」ということを行えば、失敗しない買い物ができるのではないでしょうか。なんだか、当たり前ですね。

私自身、ネット上で面白そうな本を見つけ、図書館や本屋で中身を見てみたら、思っていた内容と違っていてがっくりすることがよくあります。「調査に手間暇をかけた分だけ正確な評価ができる」というのはそれなりに正しいことだと思いますが、日々の訓練によって効率を上げることはできるのではないかと感じています。とはいえ、買ってみたら思っていたのと違ったということを完全に防ぐことは難しいですので、その時は諦めて気持ちが切り替えましょう。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

エクスプローラやデスクトップ上で目的のファイルを素早く選択する方法

@Windows_Japan の Twitterアカウントが以下のツイートを行っていました。 【散らばったファイルの中から目的のファイルが見つける #Windows技 】 「数が多すぎて探しているファ …

フォルダには README.txtファイルを作って置いておく

フォルダには README.txtファイルを作って置いておく

2進数を指で数える方法について

コンピュータの世界では 2進数がよく利用されますが、この2進数を「指で数える」方法というのはいろいろなところで紹介されています。 ちょっと見にくいですが、下図のような数え方をするのが一般的だと思います …

no image

ICTリテラシーに関する記事

目次1. ICT教育2. 官公庁による不便なPDF3. 翻訳サービス4. ソフトウェア全般 1. ICT教育 子どもへのITリテラシー教育【前編】 ITエンジニアの親が、子どもたちにITとSNSを使わ …

Windows

WebブラウザでWebサイトを閲覧する (Windows 10)

目次1. はじめに2. ブラウザの種類ブラウザの歴史Chrome と Firefox についてスクリーンショットChromeFirefoxMicrosoft EdgeInternet Explorer …