Linux

コマンドに対してデフォルトで指定されているオプションを調べる

投稿日:2018年12月4日 更新日:

Linux などの UNIX系OS環境では、コマンドを入力して実行する機会が多いと思いますが、それぞれの環境によって、いくつかのコマンドオプションがデフォルトで指定されている場合があります。

※ ログインシェルに bash を使っているという前提で話します。

どういうことかというと、例えば以下のようにオプションなしで ls コマンドを実行したとします。

$ ls

Ubuntu などでは、この結果はカラーで表示されます。カラー表示するための --color オプションは指定していませんが、どういうことでしょうか?

実は、ログイン時に読み込まれる ~/.bashrc ファイル内に ls コマンドにエイリアスが設定されているのです。

以下に、~/.bashrc 内の該当行を抜粋します。

alias ls='ls --color=auto'

ここで、--color=auto というオプションが追加されていたのです。

では、なぜ ~/.bashrc にこんな記述があるのかというと、このファイルの元になっている /etc/skel/.bashrc ファイルにその記述があるからです。ユーザー作成時に、このファイルがコピーされて ~/.bashrc ファイルが作成されるという仕組みになっています。

それでは、特定のコマンドにエイリアスが設定されているか調べてる方法ですが、alias コマンドで設定中のエイリアスを表示させ、それを grep コマンドで “ls” を含む行だけを抽出します。

以下は、実際に実行した結果の一例です。

$ alias | grep ls
alias la='ls -aAlF'
alias lf='ls -AF'
alias ll='ls -Al'
alias ls='ls --color=auto'

一番最後の行で、ls コマンドに、--color=auto オプションがセットされていることが分かります。

また、このようにエイリアスがセットされている場合に、元のコマンドをそのまま実行するには、コマンドの頭にバックスラッシュを付けて実行します。

$ \ls

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Linux

【Ubuntu】pip install –upgrade pip コマンドを実行すると、その後、ImportError: cannot import name main というエラーが発生する場合の対応方法

「pip install –upgrade pip」コマンドを実行した後、pip コマンドを実行すると「ImportError: cannot import name main」というエラーが発生す …

Linux

標準エラー出力を標準出力に向けるコマンド

Linux のターミナルにおいて、標準エラー出力を標準出力に向けるコマンドの記述方法を紹介します。

Vim

Vim でファイルを編集した後、sudo でそのファイルを保存する

目次1. 困った状況2. 対応方法3. ~/.vimrc にキーマップを登録する4. 参考 1. 困った状況 Vim でファイルを編集した後に、sudo で開いていないことに気付いた場合の対処法です。 …

Linux

指定した条件にマッチするファイルを検索する find コマンド

find コマンドについて説明します。 ※ 本ページで扱うのは、find (GNU findutils) 4.7.0-git です。 目次1. find コマンドの使い方式 (EXPRESSION)式 …

Let's Encrypt

Let’s Encrypt で ‘-0001’ がついた証明書データを削除する方法

目次1. 問題点2. 対応方法念のため、存在している証明書を全て表示します。いらない証明書データを削除する3. 間違えて生成した ‘-0001’ の方を Webサイトで使用して …