Web

画面上に日付のないWebページの日付を調べる

投稿日:

1. はじめに

画面上に「投稿した日付」や「公開した日付」がないWebページで、それらしい日付を見つける方法の1つを紹介します。もちろんこれ以外にも、いろいろと方法はあると思います。

2. 方法

Chrome ブラウザで説明しますが、他のブラウザでも同じようなことはできるはずです。

(1) 目的のページのソースを表示します

目的のページを開き、ページ上で右クリックして [ページのソースを表示] を選択します。

[ページのソースを表示] を選ぶ

(2) HTMLソース上で <time> 要素を検索する

Ctrl + F キーを押して、ページ上を検索するフィールドを表示します。

そのフィールドに、”<time” と入力して検索します。

ソース上で <time>要素を検索する

(3) <time>要素の datetime属性値を確認します

<time>要素が見つかった場合は、datetime 属性に日付が入っているはずです。ここで使える日付のフォーマットはいろいろあります。 datetime value に詳細が載っています。

<time>要素が見つからなかった場合は、今回の方法は失敗です。

但し、ここに入っている日付が必ずしも「投稿日」や「公開日」ではない可能性もありますので、そこは周りの記述から推測することになります。

<time>要素

ちなみに、この画像に載っている日付の値は「2021-11-17T10:24:35+0900」ですが、これは日本時間の 2021年11月17日の10時24分35秒を意味しています。

3. 参考

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Web Vitals

Chrome UX Report API を使う手順 (cURL の場合)

Chrome UX Report API を使う手順 (cURL の場合)を紹介します。

HTML

HTMLの雛形 (CSS, JavaScriptも)

HTMLの雛形 (CSS, JavaScriptも) を載せています。コピーして使えます。

Chrome

Chrome 77 デベロッパーツールの新機能

目次1. はじめに2. 主な新機能要素のスタイルをコピーするレイアウトシフト (layouts shifts) を表示する使い方Audits パネルの Lighthouse 5.1[Performan …

DokuWiki

DokuWiki のプラグイン開発に関する情報

DokuWiki をなるべくスマートにカスタマイズしようとすると(設定変更以上のことをやりたい場合です)、テンプレートかプラグインを自作せざるを得ません。他の方法があまり用意されていないためです。 テ …

Web Vitals

Webページ読み込み高速化に対する<script>タグのdefer/async属性について

Webページ読み込み高速化に対する<script>タグのdefer/async属性について書いています。