Windows Tips

【Windows 10】エクスプローラーの「PC」と、「ドキュメント」や「ダウンロード」などの特別なフォルダーについて

投稿日:2019年7月11日 更新日:

1. エクスプローラー上に存在する「PC」

Windows 10 のエクスプローラーには「PC」という項目があり(ナビゲーションウィンドウ上の階層では [デスクトップ] の下にあります)、ここには 7つのフォルダーが表示されています(「デバイスとドライブ」という項目もあります)。

英語表示の場合は、[PC] ではなく [This PC] という名前になっています

以下の 7つのフォルダーです。

  1. 3D オブジェクト (3D Objects)
  2. ダウンロード (Downloads)
  3. デスクトップ (Desktop)
  4. ドキュメント (Documents)
  5. ピクチャ (Pictures)
  6. ビデオ (Video)
  7. ミュージック (Music)

もちろんこれらのフォルダーは、そのときログインしているユーザーのホームフォルダー(C:\Users\{ユーザー名})直下に存在しているフォルダーを指しています。

なのですが、これらのフォルダーは他の一般のフォルダーとは違う点が多いので、このあたりについて調べたことを本記事にまとめることにしました。

※ スクリーンショットに出てくるユーザー名は foo となっています。

2. フォルダーの場所を移動する

PC」内に表示されているフォルダーに限らないのですが、ホームフォルダー直下にあるいくつかのフォルダーは別の場所に移動することができます(「お気に入り」や「アドレス帳」など)。

フォルダーを右クリックして [プロパティ] を選択し、表示されたプロパティのポップアップウィンドウ内に [場所] タブがあれば、そのフォルダーは特別なフォルダーであり、その特別な意味を持ったまま別の場所に移動することが可能です。

プロパティの [場所]タブにある [移動] ボタンを押して任意の場所を指定することができます(下のスクリーンショット参照)。

移動」を実行したときの挙動について分かっていることを以下に箇条書きします。

  • 元のフォルダーは削除されます。
  • しかし、元のフォルダーに入っていたファイルやフォルダーは、新たに指定したフォルダー内に移動されます。
  • どちらにも同じ名前のファイルが存在していれば、どうするか聞いてきますが、 例えば「ファイルを置き換えない」などを選ぶと、元のフォルダー内にあった方のファイルが削除されてしまうので注意が必要です(元のフォルダーは削除されてしまうため)。
  • 元のフォルダー内のファイルは引き継がれていくため、何回「移動」を行っても元から存在している desktop.ini というファイルも引き継がれていきます。このファイルに関しては後述します。
  • ドキュメント」フォルダーなどを、エクスプローラー上からドラッグ・アンド・ドロップで別の場所に移動させることができますが、この際に行われる移動処理は通常のフォルダーの移動とは違い、プロパティの [場所]タブで行う「移動」の動作が行われます。

3. [PC]と同階層にある [{ユーザー名}]

エクスプローラーのナビゲーションウィンドウ(エクスプローラーの左側にフォルダを階層表示できるエリア)上において、[PC] と同階層に [{ユーザー名}] という項目があります(下のスクリーンショット参照)。

一見するとここは、C:\Users\{ユーザー名} フォルダーと同じように見えます(下のスクリーンショット参照)。

しかし実際は違います。

例えば、「ドキュメント」フォルダを、プロパティの [場所]タブを使って別の場所に移動したとします。すると、C:\Users\{ユーザー名} フォルダ内から「ドキュメント」フォルダは消えるのですが、[{ユーザー名}] からは消えません。

ということで、ナビゲーションウィンドウ内の [{ユーザー名}] は特別な場所(フォルダー?)であると言えます。

ドキュメント」フォルダーがどこか分からないところに 移動 してしまっていた場合でも、この [{ユーザー名}] を表示させ、そこにある「ドキュメント」フォルダー の プロパティを開いて [場所] タブを見れば、どこにいってしまったのか確認することができます。

[PC] にはないが、[{ユーザー名}] には存在している「移動」操作ができるフォルダー

  • アドレス帳 (Contacts)
  • お気に入り (Favorites)
  • リンク (Links)
  • 検索 (Searches)
  • 保存したゲーム (Saved Games)

4. フォルダー名について

これらのフォルダー内には、desktop.ini という名前のファイルが入っており、その中の LocalizedResourceName という項目の記述により、ファイルに別名が付けられるようになっています。 これにより、Windows を日本語で使っている場合には、例えば本来「Pictures」という名前のフォルダーが「ピクチャー」と日本語で表示されるようになっています。

先頭に、「;」を記述するとその行をコメントアウトすることができます

エクスプローラー上に表示されるフォルダー名について分かっていることを箇条書きします。

  • プロパティの [場所] で指定したフォルダー名がどんな名前であろうと、例えば「ミュージック」フォルダーであれば、エクスプローラー上でそのフォルダーは「ミュージック」という名前で表示されます。[PC] 内の表示も同様です。
  • つまりこの種のフォルダーの本当の名前を知ろうと思ったら、プロパティを開いて [場所]タブを見ないといけません(cmd.exe や PowerShell でファイル名を表示させてもよいです)。
  • 例えば「ミュージック」フォルダーの場合、デフォルトでは「Music」という名前のフォルダーが使われていますが、これは英語名表示での名前と一致しています。
  • LocalizedResourceName の行をコメントアウトすると、エクスプローラー上では、本当のフォルダー名が表示されます( [PC] 内の表示も同様です )。

5. まとめ

  • エクスプローラー上の [PC] や [{ユーザー名}] は、特別な場所(フォルダー?)です。
  • ドキュメント」や「お気に入り」などのフォルダーは、プロパティの [場所]タブから任意の場所に移動することができますが、 [PC] や [{ユーザー名}] には常に表示されます。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

Cmder のバージョンを上げる方法

目次1. Cmder とは?2. Cmder のバージョンを上げる必要性3. Cmder の更新手順4. おわりに関連 1. Cmder とは? Cmder は、Windows用のコンソールエミュレー …

docker

WSL から Docker Desktop の docker.exe が普通に実行できました

Docker Desktop の docker.exe が、WSL から普通に実行できたというお話です。

Adobe Acrobat Reader DC をインストールする

Windows 7 に Adobe Acrobat Reader DC をインストールする手順を説明します。 目次手順Adobe Acrobat Reader DC のダウンロードAdobe Acro …

WSL

WSL (Ubuntu 16.04 TLS) に MongoDB をインストールする

WSL (Ubuntu 16.04 TLS) に、MongoDB をインストールする手順について説明します。 目次1. インストール手順2. MongoDB を起動する3. MongoDB に接続する …

Windows

Windows の環境変数

Windows には、どんな環境変数があるのでしょうか? 資料となる情報はいろいろありますが、自分用に必要なものだけまとめておきます。 目次1. Windows の環境変数一覧(主要な変数だけ)2. …