Windows Tips

Windows、Mac (macOS) で通信量を確認する方法

投稿日:2018年4月17日 更新日:

1. はじめに

従量制で課金される環境でパソコンを使用する場合、通信量は常に把握しておきたいところです。

そんな時のために、Windows、Mac (macOS) それぞれの環境で通信量をチェックする方法を紹介します。

2. Windows で通信量を確認する方法

TCP Monitor Plus」というアプリケーションを使うのがラクです。

こちら OGA’s Web Page から、ZIPで圧縮されたファイルをダウンロードして解凍し、中に入っているtcpmon.exe を実行するだけです。

ここをクリックしてダウンロードします。
tcpmon.exeを実行するだけです。

使い方

(1) [トラフィックモニター]タブを開きます。
(2) ネットワークインタフェースを選択します。
(3) 「総送信量」と「総受信量」の合計が、このアプリケーションを起動してからの通信量です。

メモ

TCP Monitor Plus のウィンドウを最小化すると常駐した状態になります。この常駐しているアイコンを右クリックして「ミニモニター」を選択すると、先ほどの総送信量と総受信量を含んだ小さなウィンドウが表示されます。

常駐しているTCP Monitor Plusのアイコンを右クリックします。
ミニモニター

3. Mac (macOS) で通信量を確認する方法

電源を入れてから」の通信量であれば、アクティビティモニタで確認することができます。

受信したデータ」と「送信したデータ」の合計が、「電源を入れてからの通信量」になります。

4. おわりに

Webサイトの中には、パソコン用とモバイル端末用でレイアウトやコンテンツを別にしている場合がありますが、その場合は「パソコン用の方がデータ量が多い」というのが普通です。そういった事情もありまして、30分、1時間とネットサーフィンしているだけで、思ったよりも通信量が多くなっていることがあります。特に、従量制で契約しているスマートフォンでテザリングしているような場合は、データ量 1GB/月くらいで契約している人が多いようですので気を付けましょう。意外とあっという間に数百MBは使ってしまいます。

従量制で課金される環境でパソコンを使用する場合は、少し面倒でも通信量を常に監視しておきましょう。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WSL

WSL のターミナルから Windows側のGUIアプリを実行する

WSL のターミナルエミュレータ(以下「ターミナル」と記述します)上から、Windows側のGUIアプリを起動する場合は、以下のようなコマンドで実行することをお勧めします。 $ {Windows側の実 …

Windows

【Windows】自作のファイルを「ファイル名を指定して実行」で実行する方法

目次1. はじめに2. 準備作業(1) 実行するファイルを置くフォルダーを決めます(2) このフォルダーにパスを通します。(3) 実行するファイルを用意します。(4) アプリの起動を監視させる設定を見 …

Linux

Ubuntu 16.04 TLS (WSL) に rbenv をインストールする

Microsoft Store から導入した Ubuntu 16.04 TLS (WSL) 上に、rbenv をインストールする手順について説明します。 rbenv というのは、プログラミング言語 R …

WSL

WSL用ユーティリティ「wslu」を使ってみる

目次1. はじめに2. 前提とする環境3. wslu に関する情報4. wslu のインストール5. 各コマンドを使ってみるwslsys概要ヘルプを表示主なオプション実行サンプルwslfetch概要ヘ …

Creators Update 導入後に、「ファイル名を指定して実行」で履歴が表示されなくなった場合の対処法

Windows 10 Creators Update 導入後、「ファイル名を指定して実行」で履歴が表示されなくなった場合の対処法を紹介します。 目次1. 状況2. 対処法3. まとめ 1. 状況 [フ …