ICT

パソコンを分解する際、外したネジをどう置いておくか

投稿日:2018年3月8日 更新日:

パソコンや電化製品を分解する時など、外したネジはどうしているでしょうか?

分解して目的の作業が終わった後は元通りにネジを締めていく場合です。

何度も分解している製品であれば、ネジの位置をだいたい覚えてしまっているかもしれませんが、そうでない場合はネジの元の位置を覚えておくのに一苦労です。

どこか広いスペースに、「元々の位置関係を保ったままネジを置いておく」というのはよくやる方法だと思いますが、パソコンなどの場合、ハードディスク・光学ドライブなどのかたまりでネジを分けておきたい場合もあります。

このような場合、以下のようなケースに分けて入れておくというというのもまたよくやる方法でしょう。但し、この場合はネジ同士の位置関係は分からなくなります。

ところで、パソコン修理パソコンドック24 をご存知でしょうか? パソコンを修理してくれる会社なのですが、パソコンの電子回路基盤のレベルから修理を行っており、その修理事例をブログで紹介してくれています(パソコン修理事例)。私はこのブログを時々読んでいるのですが、先日面白い写真を発見しました。

こちらの記事です。


この中に、マスキングテープを裏返しにして作業用のビニール(?)に貼っておき、グループ別にネジをくっつけている写真が載っています。(マスキングテープはガムテープより粘着力が弱いので剥がしやすいです)

出典:起動しないSurface Pro4からデータを取り出したい|パソコン修理パソコンドック24

この方法なら、グループ分けしつつも、元の位置関係に近い形でネジを置いておけます。バラバラになる心配もありません。(2種類の幅のテープが使用されているのも少し気になります)

次回からこの方法を試してみたいと思います。

※ ちなみに、マスキングテープは「養生用テープ」とも呼ばれているんですね。

📂-ICT

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコンでもスリープ機能を活用する

パソコンが起動・終了(シャットダウン)に時間が掛かるのに比べて、スマートフォンやタブレットPCはすぐに起動・終了するイメージがあります。 しかしこれにはカラクリがあります。通常、スマートフォンやタブレ …

ICTリテラシー

目指したいICTリテラシーのレベル

一般的に、何ができれば 「 ICTリテラシーがある 」 と言えるのでしょうか? 「Excel が使える」「Word が使える」など、具体的に「このアプリケーションが使える」という視点から考えることもで …

ローマ字入力について

日本語を入力するには、「ローマ字入力」と「かな入力」の2種類の方法があります。 「ローマ字入力」の場合は、キーに印字してあるアルファベットを使います。「あ」と書きたければ、A が印字してあるキーを押せ …

no image

買い物に失敗しないための商品調査リテラシー

例えば、Amazonのレビューで評価が高い本を買ってみたら、全く面白くなかったということがあります。こういった事態を少しでも減らすためには、事前によく調べておくことが大切だと思いますが、どのように調べ …

KeePass の「グローバル自動入力」で使う Ctrl + Alt + A を押した時に、必ずIMEの入力モードを半角英数にする方法

当ウェブサイト内には、パスワード管理アプリケーションである KeePass について紹介したページがあります。 有料のパスワード管理アプリケーションで有名なものもいくつかありますが、特に Window …