Security

HTML Purifier の使い方

投稿日:2015年5月14日 更新日:

HTML Purifier について

HTML Purifier は、HTML文字列に対して特定のHTMLタグやその属性を削除してくれるPHPのライブラリです。

Composerで使う方法

1. composer.json の require に、以下を追記する

    // :
    "require": {
        // :
        "ezyang/htmlpurifier": "dev-master",
        // :
    },
    // :

2. composer update する

$ composer update

3. 実際に使う

// :
use HTMLPurifier;
use HTMLPurifier_Config;
// :
class Foo {
    // :
    /**
     * HTML文字列を受け取り、purifyして返す。
     *
     * @param string $dirty_html
     * @return string
     */
    public function purify($dirty_html) {
        // HTMLPurifierを設定するためのクラスを生成する
        $config = HTMLPurifier_Config::createDefault();
        // target="_blank" が使えるようにする
        $config->set('HTML.TargetBlank', true);
        // id属性を許可する
        $config->set('Attr.EnableID', true);

        $purifier = new HTMLPurifier($config);
        return $purifier->purify($dirty_html);
    }
    // :

HTMLPurifier_Config での設定できる項目について

本家サイト

使い方に関して参考になるサイト

📂-Security
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Web Security

CSP (Contents Security Policy) の記述例その2

CSP (Contents Security Policy) の記述例その2です。

ICTリテラシー

紛らわしいパスワードを生成しない工夫

紛らわしいパスワードを生成しない工夫について書いています。

Web Security

CSP (Contents Security Policy) の記述例

目次記述例メモその他のメモ参考 記述例 デフォルト設定の記述をする(HTTPレスポンスヘッダの出力)。 同一オリジンも含めて全てのソース1からの読み込みを禁止する場合 Content-Security …

Web Security

WebサイトのHTTPS(SSL)化には Upgrade-Insecure-Requests を使いましょう

目次はじめに原理方法1方法2方法1の設定方法Apacheでの設定Nginx での設定ブラウザの対応状況参考 はじめに せっかくSSLサーバー証明書をとって、Webサイトを SSL化したのに、コンテンツ …

Web Security

「秘密の質問」機能について

目次「秘密の質問」とは?「秘密の質問」をどう使えばよいのか?参考サイト 「秘密の質問」とは? 「秘密の質問」とは、「質問」とそれに対応する本人しか知らない「答え」を設定し、パスワードリマインダやインタ …