Web

Mastodon(OStatus) を参考にして、理想の標準情報発信プラットフォームを考えてみました

投稿日:2017年4月21日 更新日:

話題の Mastodon を参考にして、私の理想とする情報発信プラットフォームについて考えてみました。

Mastodonとは?

見た目は、Twitterとほとんど同じサービスです。しかし、Twitterの場合 Twitter社が用意したサーバをユーザ全員が使うのに対し、Mastodonでは スキルさえあれば誰でもサーバ(Mastodonではインスタンスと呼びます)を作って使用することができます。他人が用意したインスタンスにアカウントを作るのも自由です(通常はこちらでしょう)。ですので、Twitterでたまにある「サーバが落ちてユーザー全員が使えない」ということにはなりません。また、公開されている標準(仕様)を実装していますので、「運営者の一存で仕様が変わる」ということが起きにくくなっていますし、互換性のあるサービスも作りやすいはずです。

ドイツの方が開発しているサービスですが、ここ最近になり日本国内で急激な盛り上がりを見せています。

私の望む情報発信プラットフォーム

「TwitterやInstagramといった企業が運営しているサービスの管理下でしかメッセージを作成・発言できない」という現状は、私も健全ではないと感じますので、Mastodonが実装している OStatusという標準仕様には大きな可能性を感じます。

この Mastodon(OStatus)に触発され、私の理想とする「発信者が自分の情報を管理でき、ソーシャルな機能も持っている標準情報発信プラットフォーム」を考えてみました。断片的ですが以下に箇条書きします。

  1. ブログのような記事・マイクロブログのような短いメッセージ(以下 ツイートと書きます)の両方が書けて発信することができる。
  2. 個別の記事やツイートには一意なURLが割り当てられる。
  3. それらのデータを自分で管理できる。
  4. Twitterのようなソーシャル機能を持っている。
    • ブログ記事・ツイートを別々にフォローできる。
    • ツイートだけでなくブログ記事にも、「リプライ」・「リツイート(記事へのリツイートも)」・「引用」・「いいね」ができる。
  5. WordPressのようなアプリケーションでこの環境が構築できる。または、この環境を提供するサービスを利用することもできる。
  6. データを別環境に移行することができる。

あくまで私の理想ですので、OStatusの仕様から外れるところがあるかもしれません。
TwitterやInstagramによって、マイクロブログという形態のサービスに需要があることは分かってきたので、早く標準仕様が確立されて広く浸透していくといいなと思います。

📂-Web
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CSS

overflow:hidden が指定された領域内に、幅の大きい table (表) を記述する

目次1. はじめに2. 対応策3. おわりに 1. はじめに 本ウェブサイトは、スマートフォンのサイズだと 1カラムのレイアウトになるのですが、その際、画面全体を表す HTML要素のスタイルに、「ov …

Chrome

Chrome 78 デベロッパーツールの新機能

Chrome 78 のデベロッパーツールにおいて、主な新機能を紹介します。

Web

HSTS が原因で、ウェブサイトが勝手にhttps接続しないようにする

HSTSが原因で、サイトが勝手にhttps接続されないようにする方法について説明します。

Web

Cookie使用の同意を求めるポップアップを表示する (Cookie Consent by Osano)

Cookie Consent by Osano の使い方について説明します。

Web

Service Worker を使ってオフラインでも閲覧できるウェブページを作る方法

目次1. はじめに2. 今回使用する題材3. デモページ4. Service Worker によるオフライン対応の考え方5. Service Worker を使ったオフライン対応手順1. 外部リンクに …