Linux

lessコマンド(バージョン608)を Ubuntu 22.04.1 LTS (WSL) にインストールする

投稿日:

1. Ubuntu 22.04.1 LTS の less のバージョン

現時点で、Ubuntu 22.04.1 LTS (WSL) に入っている less コマンドのバージョンを確認します。

$ /usr/bin/less -V
less 590 (GNU regular expressions)
Copyright (C) 1984-2021  Mark Nudelman

less comes with NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
For information about the terms of redistribution,
see the file named README in the less distribution.
Home page: https://greenwoodsoftware.com/less

509 のようです。apt update を実行したり、apt show less なども確認しましたが、この Ubuntu ではこれが最新バージョンのようでした。

これは少し古いバージョンなので、最新バージョンをソースからインストールします。

2. less バージョン608 をインストールします

Downloading less を見ると、バージョン 608 が最新でしたので、これをインストールします。

(1) Downloading less から、less-608.tar.gz をダウンロードします。

(2) 適当なディレクトリ内で、このファイルを解凍します。

$ tar xvf less-608.tar.gz

(3) できあがった less-608 ディレクトリ内に移動します。

$ cd less-608

(4) ソースコードをコンパイルして、インストールします。

$ ./configure --prefix=/mnt/c/Users/foo/local/less-608
$ make
$ make install
  • --prefix オプションを使い、インストール先を /mnt/c/Users/foo/local/less-608/ ディレクトリに指定しています。

以上の操作で、/mnt/c/Users/foo/local/less-608/ ディレクトリに less がインストールされました。

このディレクトリ内の構成は以下となっています。

$ tree ~/local/less-608/
/mnt/c/Users/foo/local/less-608/
|-- bin
|   |-- less
|   |-- lessecho
|   `-- lesskey
`-- share
    `-- man
        `-- man1
            |-- less.1
            |-- lessecho.1
            `-- lesskey.1

4 directories, 6 files
  • less 以外に、lessecho と lesskey というコマンドがあり、share ディレクトリ内には、それぞれの マニュアルファイルが配置されています。

(5) バージョンを確認します。

$ ~/local/less-608/bin/less -V
less 608 (POSIX regular expressions)
Copyright (C) 1984-2022  Mark Nudelman

less comes with NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
For information about the terms of redistribution,
see the file named README in the less distribution.
Home page: https://greenwoodsoftware.com/less

ちゃんと、「608」が表示されています。

(6) エイリアスを使い、インストールした less コマンドを「less」だけで呼び出せるようにします。

~/.bashrc ファイルに以下を記述します。

if [ -f $HOME/local/less-608/bin/less ];then 
    alias less=$HOME/local/less-608/bin/less 
fi

次回のログインから、less と書けば、今回インストールした less コマンドが使えます。

(7) less コマンドのマニュアルは、少し面倒ですが以下のコマンドで見ることができます。

$ man -l ~/local/less-608/share/man/man1/less.1

3. メモ

バージョン 598 (実際は593らしいです) から --header オプションが使えるようになりました。このオプションを使うと、先頭行を固定したまま、それより下のコンテンツをスクロールすることができます。1行目がラベルになっているコンテンツを表示したい場合に便利です。(参考:Less version 598

📂-Linux

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Linux

コマンドラインからメールを送信する方法

Linux (や Mac) のターミナルエミュレータ上からメールを送信するコマンドを紹介します。 目次1. sendmail2. mail3. telnet4. おわりに 1. sendmail se …

Linux

【Ubuntu】pip install –upgrade pip コマンドを実行すると、その後、ImportError: cannot import name main というエラーが発生する場合の対応方法

「pip install –upgrade pip」コマンドを実行した後、pip コマンドを実行すると「ImportError: cannot import name main」というエラーが発生す …

Linux

Bash: コマンド履歴のインクリメンタル検索でハイライトされないようにする

Bashにおいて、コマンド履歴のインクリメンタル検索でハイライトされないようにする方法を紹介します。

CentOS

yum のエラー「Not using downloaded repomd.xml because it is older than what we have」

私が管理している CentOS 7 から yum に関するエラー通知メールが送られてきました。 目次メールの内容対応方法実際に実行してみました メールの内容 以下がメールの抜粋になります。 件名: C …

Linux

known_hosts ファイル内のハッシュ化されたホスト名(IPアドレス)を自分で算出する

known_hosts ファイル内のハッシュ化されたホスト名(IPアドレス)を自分で算出する方法を紹介します。