Web

【WordPress】iThemes Security プラグインのスキャンがエラーになる原因の1つ

投稿日:

1. はじめに

iThemes Security というWordPressnoプラグインは、WordPressサイトのセキュリティを高めてくれるプラグインです。

このプラグインが持っているたくさんの機能のうちの1つが「Site Scanner」です。これは、外部から WordPressサイトにアクセスし、Google Safe Browsing API を使って問題がないかチェックしてくれます(定期的に実行してくれます)。

そしてここからが本題ですが、この Site Scanner が実行された際に、以下のエラーが発生することがあります。

Scan Error が何回も発生しています。
このようなエラーです。

Unable to determine if the scan target is allowed: Target site returned invalid response. The site scanner was forbidden from accessing your site. Please check if the IP address 67.227.194.4 has been blocked.

(Error Code: site_verification_failed.connection_erro)

67.227.194.4 というIPアドレスから、WordPressサイトにアクセスできないといったエラーで、つまり Scanner からのアクセスを、WordPressサイト側のどこかでブロックしているということです。

WordPressサイトへのアクセスを制限する方法はいろいろあるのですが、今回紹介するのが、エックスサーバーの「REST API アクセス制限」という WordPress用のセキュリティ機能です。

この機能の存在に気付かずに、上記のエラーの原因が分からず困っている人がいるのではないでしょうか。

エックスサーバーの「REST API アクセス制限」は、上記の接続エラーの原因になりえます。

2. 「REST API アクセス制限」を無効にする(エックスサーバー)

エックスサーバーのサーバーパネル上で、「REST API アクセス制限」を無効にする手順は以下となります。

(1) エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

(2) [WordPress] – [WordPressセキュリティ設定] ページを開きます。

(3) [国外IPアドレス制限設定]タブを開きます。

(4) 対象ドメインを選択した上で、[REST API アクセス制限] のところを「OFFにする」にして [設定する]ボタンを押します。

以上です。

📂-Web

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Web

ウェブブラウザがページを取得して表示するまでの流れ

目次1. はじめに2. Chrome デベロッパーツールの [Network]パネル3. リソース毎の処理の流れ4. その後の流れ5. DOMContentLoaded と load イベント6. グ …

Google

Google マップ (Google Maps) で緯度経度を指定して場所を見つける方法

例えば「北緯35度40分57秒 東経139度45分10秒」という情報があった場合に、それがどこなのか調べるには Google マップ を利用することができます。では、どうやればよいのでしょうか? 実は …

DokuWiki

DokuWiki が最新版なのに upgrade now! が表示される場合の対処法

目次1. DokuWiki が最新版なのに upgrade now! が表示される2. 対処方法その13. 対処方法その24. おわりに参考 1. DokuWiki が最新版なのに upgrade n …

HTML

HTML におけるコメントの書き方

HTML におけるコメントの書き方について説明します。 目次1. コメントとは?2. HTML におけるコメントの記述テキストの制限3. 仕様書 1. コメントとは? まず、「コメント」というのは、「 …

Chrome

Chrome 96 で Lighthouse の検査が終わらない問題が修正されました

Chrome 96で Lighthouse の検査が終わらない問題について書きました。