プログラミング

JavaScript でスライドを作ってみました

投稿日:2017年8月2日 更新日:

JavaScript でスライドを作ってみました。

window.history オブジェクトの使い方も参考になるかと思います。

1. スクリーンショット

スクリーンショット

2. デモページ

以下のURLで実際のページを見ることができます。

3. 内容

  • 1つのHTML内に、全てのページの内容を記述します。
  • 1つの記事を、1つの<section>タグにまとめます。
    • <section>タグに、id属性を指定します。値は “page” + ページ番号とします。
    • そうすれば、ページ遷移や現在のページ数表示などは勝手にやってくれます。
  • URL末尾のハッシュでページを指定します。(#1 なら1ページ目、#2 なら2ページ目となります)
  • ウェブブラウザの「戻る」「進む」に対応するために、window.historyオブジェクトを使っています。
  • 縦横比が気になる場合は、画面を拡大して下さい。

4. ソースコード

5. 参考情報

6. メモ

  • 縦横比をどうするかが難しいです。
  • 今回 React は使っていませんが、この手のページは React が合っているように思いました。

📂-プログラミング
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プログラミング

Rubyのように書け、Cのように速いプログラム言語 Crystal の基本的な使い方

Crystal というプログラミング言語の基本的な使い方について紹介します。 実際に「使ってみたい」「試してみたい」といった方に向けて、コードを書き始めるまでの導入方法について書きました。文法の説明な …

web development

Web Development for Beginners を読む:レッスン3

目次1. はじめに2. Lesson 3: Creating Accessible WebpagesTools to useScreen readersContrast checkersLightho …

e-Stat API の利用に関するメモ

政府統計の総合窓口(e-Stat)−API機能 の利用に関するメモです。 政府統計の総合窓口(e-Stat)では、統計データ等が提供されており、プログラムで取得する事ができます。 気付いたこと 政府統 …

Python

Python でファイルを読み込み何か加工した結果を出力するコードの雛形

Python でファイルを読み込んで、何か加工した結果を出力するコードの雛形を紹介します。

web development

Web Development for Beginners を読む:レッスン18, 19, 20

目次1. はじめに2. Part 4: レーザーと衝突検知を追加する(1) 衝突検知のための「オブジェクトの四角形表現を返す関数」を用意する(2) 衝突検知の判定関数を追加する(3) レーザー発射機能 …