Windows Tips

エクスプローラーでフォルダを開いた時に、1つ目の項目を選択するキー操作

投稿日:2016年11月24日 更新日:

問題点

Windows のエクスプローラー上でフォルダを開いた時、上から1つ目の項目(ファイルもしくはフォルダ)をキーボードの操作によって選択したい場合、どうすればよいでしょうか?

エクスプローラーをキーボードで操作する場合、 キーと キーをよく使うと思いますが、ここで キーを押すと、上から2つ目の項目が選択されてしまいます。

以下、スクリーンショットで説明します。

  1. まず、FolderA という名前のフォルダが選択状態になっているとします。ここで Enter キーを押してこのフォルダ内に移動します。
    2016-11_05_15-explorer-enter-folder
  2. すると、aaa.txt, bbb.txt, ccc.txt という3つのファイルが入っていました。どれも選択状態にはなっていません。ではここで、 キーを押してみます。
    2016-11_05_15-explorer-enter-folder2
  3. 上から2つ目の bbb.txt が選択されてしまいました。たしかに「下矢印キーを押して、下に1つ進む」という意味では、この動作は間違っていません。間違っていませんが、それであればフォルダを開いた時には、1つ目の項目が選択状態になっていて欲しいところです。今のところ、これは エクスプローラーの仕様であるようです。
    2016-11_05_15-explorer-enter-folder3

なるべくキーボードでエクスプローラーを操作したい場合、このままでは「 キーで2つ目の項目を選択してから、 キーで1つ目に戻る」という面倒な操作を強いられることになります。

対応策

結論から言いますと、フォルダを開いた後 Space キーを押すと1つ目の項目が選択状態になります。慣れないと違和感があるかもしれないですが、覚えてしまいましょう。

2016-11_05_15-explorer-enter-folder4

📂-Windows Tips
-

執筆者:labo


  1. 名無し より:

    痒い所に手が届く情報ありがたい。
    「windows ファイル キーボード 矢印 2番目」など色々と検索キーワードを工夫して初めてここに辿り着いた。
    全検索結果でこの事に触れているサイトはここだけだった。
    人間には、悪い感想はブイブイ書き込むが、いい感想は抱いても何も書き込まずに去っていくクソ習性があるため、一人でもここに書き残さねば、有用と感じた人がちゃんと存在した証が残らない。

  2. 774 より:

    上記コメント名無しさんに倣ってコメント投稿します。

    2016年投稿ということに驚きました。2021年にも需要がある記事ですね!
    ↓押して↑、、簡単ですがとても面倒な作業だと思っていましたので、いい情報を得ました。
    早速実践します。感謝

laboradian へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

Windows 10 でファイル・フォルダを共有する方法

Windows 10 におけるフォルダ共有機能について主な設定項目について説明します。

docker

WSL の docker client から、Docker for Windows の docker daemon を使う手順

Windows 10 Pro (Hyper-V) で、WSL から Docker を使う環境を構築する手順について説明します。 目次前提とする知識1. Docker とは?Docker の思想新たなエ …

Windows

【Windows】使っているディスクが HDD か SSD か見分ける方法

Windows で、接続しているドライブが HDD なのか SSD なのかを見分ける方法について説明します。 手順 (1) エクスプローラを開きます(Windows + E キー同時押し)。 (2) …

Windows

Windows 10 のフォルダーオプション

目次1. はじめに2. スクリーンショット 3. 詳細設定の各項目 1. はじめに Windows 10 のフォルダーオプションの各項目について簡単にまとめてみました。 2. スクリーンショット 3. …

Windows

【Windows 10】共有したパブリックフォルダに書き込めない場合の対処方法

Windows 10において、共有したパブリックフォルダに書き込めない場合の解決方法について説明します。