ICT教育

大学入学共通テスト「情報」の試作問題について

投稿日:2022年12月1日 更新日:

2024年度の大学入学共通テスト(2025年度入学者を選抜する)から、大学入学共通テストに「情報」が加わります。

遅ればせながら、先月の11月9日に公表されていた 試作問題 を確認したのですが、基本情報技術者試験 が少しだけ薄まったような内容でした。

まず気になったのは、プログラミングのコードを考える問題が入っていたことです。これは必要なのでしょうか?確かに現代の社会では、読み書きそろばん並みに、コンピューターを使いこなすことが求められますが、誰もがプログラミングまでできる必要があるとは思えません。情報に関連する学部・学科なら分かりますが、ほとんどの人たちは利用者としてICTを使いこなすことができれば問題ないですし、それでさえもいろいろな知識を学ぶ必要があって大変です。それにこの手の問題を解くには、それなりにプログラミングができるようにならないといけませんが、ちょっとやったくらいでその域に達するのは難しいでしょう(しかも、恐らくこれは向き不向きが激しいです)。

そして、国立大学を受験する場合は、この「情報」科目がほぼ必須になるようですが、この分の負担が大き過ぎるのではないでしょうか? プログラミングのコードまで出題するのであれば、なおさらです。代わりに、他の科目を減らすなり対策を用意するべきです。そうしないと、国公立と私立の両方を受ける学生が、私立だけを受ける学生と比べて負担が大きくなりすぎて今よりも不利になってしまいます。

「減らす」という決断はできないのでしょうか。

続きを書きました。→ 大学入学共通テスト「情報」の試作問題について(その2)

参考

📂-ICT教育

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ICTリテラシー

間違った情報と偏った情報に対する教育

間違った情報と偏った情報に対する教育について書きました。

no image

ブラウザの自動入力機能が抱えるリスク

主要なWebブラウザには、フォームに入力した文字列を記憶して、それ以後はその文字列を自動でセットしてくれる機能がついています。 この機能は大変便利なのですが、個人情報やパスワードなどがブラウザに記憶さ …

scratch-vm (Scratch 3.0 ?) を動かしてみました

Make: Japan | 「Scratch Conference 2016」を終えて — Scratch 3.0、日本のアクティブ・ラーニングの進め方:阿部和広さんインタビュー(後編) という記事を …

ICTリテラシー

悩ましい電子メールの誤送信

文部省で起きた、メール誤送信のニュースを読みました。 文科省 人事案を全職員に誤送信 | NHKニュース 「電子メールの誤送信」は、なかなか悩ましい問題です。 電子メールのデータが送受信される経路に関 …

ICTリテラシー

大学入学共通テストの「情報」は傾斜配点すればよい

大学入学共通テストの「情報」は傾斜配点すればよいです。