Windows Tips

「離席時に Windows 10 PC を自動的にロックする」機能について

投稿日:2019年11月25日 更新日:

1. はじめに

Windows 10 には、「離席時に自動的にログオフする」機能があります。

簡単に説明すると、

  1. PC (Windows 10) とスマートフォンを Bluetooth でペアリングしておく。
  2. PC とスマートフォンが Bluetooth で通信できない距離になったら、1分後に Windows 10 が自動的にログオフする

という機能で、「PC とスマートフォンが離れた」を「離席した」と見なしています。

Windows では Win + L キーや [スタートメニュー] からログオフできますが、これらの操作を忘れたときに便利な機能です。

これだけの機能なのですが、少し試してみたので感想を書いておきます。

2. 設定方法

設定方法については、Microsoft によるページで説明されていますので、そちらを参照してください。

Microsoft からの公式な情報

🔗 離席時に Windows 10 PC を自動的にロックする

ここでもおおまかな設定手順を書いておきます。

  1. PC (Windows 10) とスマートフォンを Bluetooth でペアリングする。
  2. PC 側で [設定] – [アカウント] – [動的ロック] にある [その場にいないときに Windows でデバイスを自動的にロックすることを許可する] にチェックをいれる。

これだけで、この機能がオンになります。

[動的ロック] をオンにする
[動的ロック] をオンにする

3. 仕様に関してのメモ

  • 現在主流の Bluetooth のクラスは Class 2 であり、このクラスでは 10メートル弱離れると検知できなくなる。
  • あくまで Bluetooth で検知できるかできないかが判定の基準になる。「何メール離れたら」という数値を変更することはできない。
  • スマートフォンを検知できなくなってから 1分後にログオフするのだが、この分数を変更することはできない。

4. 使ってみての感想

  • Win + L キーや [スタートメニュー] からログオフする癖がついていれば、あまり必要性を感じない。
  • 特に、普段 スマートフォンで Bluetooth を使用してない場合は、この「念の為の機能」のために Bluetooth を有効にするか?というと、そこまでの必要性を感じないのではないか。
  • 離れる距離を自分で設定したい。その場所に合った距離が設定できないと、この機能を有効に利用するのは難しいと感じた。
  • スマートフォンを検知できなくなってからログオフするまでの時間を自分で設定したい。

5. おわりに

あともう少し工夫されると、現実的なレベルで便利な機能になるのではと思います。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows

ドラッグ・アンド・ドロップでファイルやフォルダを移動する危険性

1. はじめに Windows でファイルやフォルダを移動するには、ドラッグ・アンド・ドロップで行うことができます (それ以外のOSでもできますが) 。 この方法は直感的であるし手っ取り早いので、広く …

Windows

Windows 10 でファイル・フォルダを共有する方法

Windows 10 におけるフォルダ共有機能について主な設定項目について説明します。

Windows

Windows 10 のスリープと休止状態を利用する

Windows 10 における「スリープ」と「休止状態」の違いについて説明します。

WSL

【WSL】パスのフォーマットを変換する wslpath コマンドの使い方

目次1. はじめに2. wslpath コマンドオプション-a オプション-u オプション-w オプション-m オプション3. WSL を Windows Terminal で利用する場合4. おわり …

Windows

クリップボードの履歴管理アプリケーション CLCL の使い方

目次1. CLCL とは?2. インストール3. 基本的な使い方4. 設定[履歴]タブ[メニュー]タブ[ビューア]タブ[動作]タブ[形式]タブ[フィルタ]タブ[ウィンドウ]タブ[キー]タブ[ツール]タ …