ICT

ICTリテラシーにおける英語の必要性

投稿日:

パソコンは「情報」を扱うツールであり、インターネットには膨大な情報が溢れています。インターネット上の「情報の量」を考えた時、英語での情報量は圧倒的です。これらの情報は、インターネットに接続できる環境さえあれば誰でも得られるものですが、「英語が分かる」という条件が付きます。つまり、英語を「読む」「聞く(*1)」ができると、利用できる情報量が飛躍的に増えます(コンピュータによる翻訳機能が発達してきたとはいえ、まだまだ機械翻訳には限界があります)。そして、前提となるもう一つ条件は、「コンピュータとインターネットを使いこなすスキルがある」ことです。こちらは英語に限った話ではなく、「読み書き」に次ぐスキルだと思います。

ということで、何か調べものをするだけでも、「パソコンやインターネットを使いこなすスキル」と「英語のスキル」がないと、大きなハンデになりえます。

どちらのスキルもずっと長く使えるものですので、早めに覚えておくに越したことはありません。

*1. Podcastは音声ですし、YouTubeは映像+音声です。

📂-ICT
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プライバシー

サービスによって異なるユーザー名を使用する

セキュリティの観点から「サービスによって異なるパスワードを使いましょう」という話しはよく聞きますが、プライバシー保護 の観点から、ユーザー名もそれぞれ別にすることが望ましいと思っています。というのは、 …

セキュリティ

セキュリティに関して日頃気を付けること

目次はじめに1. ウィルス対策ソフトをインストールして使用する。2. ソフトウェアを常に最新の状態にする。Windows自体の更新事例使用しているアプリケーションのアップデート3. メール4. ログイ …

デバイスドライバーとは

目次1. 概要2. 管理方法3. 参考 1. 概要 OS(オペレーティングシステム) である Windows と、周辺機器(デバイス)とのやりとりを行うプログラムです。 (ここでは Windows を …

ICTリテラシー

IPアドレスとホスト名(FQDN)の対応付けを書く hosts ファイル

現在使われているパソコン(以下、コンピューターと書きます)には、hosts というファイルが1つ存在しています。 目次1. ホスト名に対応するIPアドレスを取得するためのDNS2. hosts ファイ …

フォルダには README.txtファイルを作って置いておく

フォルダには README.txtファイルを作って置いておく