ICT

ICTリテラシーにおける英語の必要性

投稿日:

パソコンは「情報」を扱うツールであり、インターネットには膨大な情報が溢れています。インターネット上の「情報の量」を考えた時、英語での情報量は圧倒的です。これらの情報は、インターネットに接続できる環境さえあれば誰でも得られるものですが、「英語が分かる」という条件が付きます。つまり、英語を「読む」「聞く(*1)」ができると、利用できる情報量が飛躍的に増えます(コンピュータによる翻訳機能が発達してきたとはいえ、まだまだ機械翻訳には限界があります)。そして、前提となるもう一つ条件は、「コンピュータとインターネットを使いこなすスキルがある」ことです。こちらは英語に限った話ではなく、「読み書き」に次ぐスキルだと思います。

ということで、何か調べものをするだけでも、「パソコンやインターネットを使いこなすスキル」と「英語のスキル」がないと、大きなハンデになりえます。

どちらのスキルもずっと長く使えるものですので、早めに覚えておくに越したことはありません。

*1. Podcastは音声ですし、YouTubeは映像+音声です。

📂-ICT
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テキストファイルを活用しましょう

目次1. テキストファイルとは?2. テキストファイルは特定のアプリケーションに縛られません3. テキストファイルを作成・編集するための「テキストエディタ」4. テキストファイルを便利にするための記述 …

ローマ字入力について

日本語を入力するには、「ローマ字入力」と「かな入力」の2種類の方法があります。 「ローマ字入力」の場合は、キーに印字してあるアルファベットを使います。「あ」と書きたければ、A が印字してあるキーを押せ …

no image

メディアリテラシーに関する情報

政府機関 総務省|教育情報化の推進|ICTメディアリテラシーの育成 2 ICTメディアリテラシー育成プログラムの調査・開発 (3)学習項目の選定<ICTメディアリテラシー学習項目> リテラシーを身につ …

KeePass の「グローバル自動入力」で使う Ctrl + Alt + A を押した時に、必ずIMEの入力モードを半角英数にする方法

当ウェブサイト内には、パスワード管理アプリケーションである KeePass について紹介したページがあります。 有料のパスワード管理アプリケーションで有名なものもいくつかありますが、特に Window …

Windows

エクスプローラやデスクトップ上で目的のファイルを素早く選択する方法

@Windows_Japan の Twitterアカウントが以下のツイートを行っていました。 【散らばったファイルの中から目的のファイルが見つける #Windows技 】 「数が多すぎて探しているファ …