Tools

News in Levels を Anki デッキにする

投稿日:2022年2月3日 更新日:

1. はじめに

News in Levels という英語学習サイトがあるのですが、このサイトの内容を元にして Anki デッキを作成してみました。

2. News in Levels について

New in Levels は英語学習者のためのサイトで、短めの記事が毎日追加されます。1つの記事は使用される単語や表現のレベルによって 3パターン (Level 1 から 3) 用意されており、記事を読み上げた音声も無料で聞くことができます。

News in Levels の記事ページ

3. デッキ利用手順

以下の利用手順を想定して、デッキを作成しました。

(1) まず、表面に記事の日本語訳を載せているので、これを読んで記事の内容を頭に入れます(ある程度頭に入ってしまえば、ここで読み直す必要はありません)。

表面

(2) 裏面を表示したら英語音声が再生されるので、頑張って聞きとります。

(3) 画面をスクロールし、元の英文を読んで理解します。

裏面

(4) 再生ボタンを押し、もう一度音声を聞き取ります。最初は英文を見ながら聞いてもよいですが、慣れてきたら英文を見ずに聞きます。

以上の作業を、1つの記事に対して最初は毎日行います(毎日できるように、設定で「学習ステップ」を調整しておきます)。慣れてきたら、日数の間隔を広げていきます。

4. デッキの作成のポイント

フィールドとデータ

以下のフィールドを作成しました。 

フィールド一覧

各フィールドに入れたデータはこんな感じです。

ノート(データ)

Slug というフィールドには、記事ページ URL の最後の部分(スラッシュで囲まれた部分)をセットしています。ここの文字列は、記事とレベルによって一意に決まるようなので、記事のIDとして使っています。

あとのフィールドは、上の画像を見れば何を入力しているかだいたい分かると思います。

音声ファイル

音声ファイルは、Anki のプラグインである AwesomeTTS を使って生成しています。

その際、再生スピードを通常より少し遅めにしています。これは、「自分が聞き取れるスピードより少しだけ速いスピード」にするのがよいと思うからです。

AwesomeTTS を使って音声ファイルを生成する

日本語訳

日本語訳は、Google 翻訳 を使いました。出力された日本語をそのままフィールドに貼り付けています。DeepL翻訳 を使ってもよいでしょう。

5. 使った感想

約1週間、「5G near airports」という記事の Level 2 と 3 を毎日やってみましたが、なかなかよい感触です。会話のない長文リスニングのよい訓練になりそうです。

Anki デッキにせず、News in Levels のサイトに毎日アクセスして音声を聞けばよいのではないか? という意見もあるでしょうが、それだと続かない可能性が高いです(人によりますが)。学習は「続けること」が重要ですので、「続ける仕組み」としての Anki デッキ化には大きな意味があると思っています。

📂-Tools

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

OpenSSH

【SSH】ssh-agent の使い方

SSH をよく使う人には、必須なツールである ssh-agent の使い方について説明します。 目次1. SSH とは?2. ssh-agent とは?SSH で利用される認証方式秘密鍵を一時的に保持 …

Anki

Anki: 新規カードの表示順序を変更する

Ankiで、新規カードの表示順序を変更する方法を紹介します。

no image

【Windows】Folder Painter を使ってフォルダの色を変更する

Folder Painter を使ってフォルダの色を変更する手順を紹介します(Windows環境です)。

Vim

Windows: gVim からクリップボードを利用する(キーボードのみ利用)

Windows: gVim からクリップボードを利用する(キーボードのみ利用)方法を紹介します。

Evernote

Evernote に追加して欲しい機能

Evernote に追加して欲しい機能について書きました。