プログラミング

OpenID Connect の処理フロー

投稿日:

OpenID Connect の処理の流れを図にしたので載せておきます。

この図は以下の条件を想定しています。

response_type=code の場合の処理フロー

メモ

  • アクセストークンを取得する部分の通信は、ユーザーから見えないので、クライアントシークレットやアクセストークンはユーザーに漏れない。TLS での通信なので、途中で中身を見られる心配もない。

参考

📂-プログラミング

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Webページ上に問題と解答を記載し、解答はボタンで表示する方法

ブログも含め Webページ上で、問題と解答を記載したいのだけれど、解答はすぐに見せたくない場合の方法です。用意したボタンをクリックすると、JavaScriptのプログラムが実行されて解答を表示させます …

docker

Docker を使って特定のバージョンのPHPコマンドを実行する方法

PHP: Supported Versions を見てみると、現在サポートされているPHPのバージョンは、7.2系統、7.1系統、7.0系統、5.6系統の4種類であることが分かります。PHP: Dow …

Webサーバーの知識

分かりやすかった資料(外部サイト) 知っているようで知らないWebサーバアーキテクチャ // Speaker Deck

web development

Web Development for Beginners を読む:レッスン3

目次1. はじめに2. Lesson 3: Creating Accessible WebpagesTools to useScreen readersContrast checkersLightho …

web development

Web Development for Beginners を読む:レッスン8, 9, 10

目次1. はじめに2. Lesson 8: Terrarium Project Part 1: Introduction to HTMLIntroductionTaskThe DocType and …