Security

クリックジャッキング(Clickjacking)対策

投稿日:2015年4月27日 更新日:

対策

  • 方法1:CSP(Content Security Policy) の frame-ancestors ディレクティブを使う。

  • 方法2:HTTP レスポンスヘッダに、X-Frame-Optionsヘッダフィールドを出力し、他ドメインのサイトからの frame 要素や iframe 要素による読み込みを制限する。

  • 方法3:処理を実行する直前のページで再度パスワードの入力を求め、実行ページでは、再度入力されたパスワードが正しい場合のみ処理を実行する。

参考

📂-Security
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

IPA の「CMSを用いたウェブサイト構築における情報セキュリティ対策 4つのポイント」の重要な部分を抜粋する

目次1. はじめに2. CMS を構築されたウェブサイトを狙う攻撃と対策2.1. 脆弱性やウェブサイトの運用上の不備を悪用2.1.1. ソフトウェアの脆弱性2.1.2. 運用上の不備2.2. 認証を突 …

no image

HTTP ヘッダ・インジェクション by IPA「安全なウェブサイトの作り方 第7版」

安全なウェブサイトの作り方:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構の、「HTTP ヘッダ・インジェクション」から一部抜粋する。(この資料はPDFでしか提供されていない) 目次注意が必要なウェブ …

Web Security

CSP Level 3 で Strict CSP を利用する

CSP Level 3 で Strict CSP を利用する方法について説明します。

no image

ウェブサイトの安全性向上のための取り組み – パスワードに関する対策 by IPA「安全なウェブサイトの作り方 第7版」

ウェブサイトの安全性向上のための取り組み – パスワードに関する対策 by IPA「安全なウェブサイトの作り方 第7版」 パスワードに関する対策 初期パスワードは、推測が困難な文字列で発行 …

no image

SQLインジェクション対策 by IPA「安全なウェブサイトの作り方 第7版」

photo credit: Injection, Inject via photopin (license) 安全なウェブサイトの作り方:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構の、「SQLインジェクシ …