Security

クリックジャッキング(Clickjacking)対策

投稿日:2015年4月27日 更新日:

対策

  • 方法1:CSP(Content Security Policy) の frame-ancestors ディレクティブを使う。

  • 方法2:HTTP レスポンスヘッダに、X-Frame-Optionsヘッダフィールドを出力し、他ドメインのサイトからの frame 要素や iframe 要素による読み込みを制限する。

  • 方法3:処理を実行する直前のページで再度パスワードの入力を求め、実行ページでは、再度入力されたパスワードが正しい場合のみ処理を実行する。

参考

📂-Security
-

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セキュリティに関連するリンク集

情報は随時追加します。 目次毎日チェックするとよいウェブページ一般Webアプリケーション関連WordPress関連インシデント 毎日チェックするとよいウェブページ IPA 独立行政法人 情報処理推進機 …

amazon

Amazon.co.jp の2段階認証で、スマートフォンを紛失した場合に備える

目次1. はじめに2. バックアップコードの機能がない3. スマートフォン紛失時のログイン手段として「コードが要求されない端末」を利用する4. 現時点でのまとめ 1. はじめに Amazon.co.j …

Webのセキュリティに役立つWebサービス

目次1. 特定のホスト(サーバー)について調査する2. あるウェブページが安全であるかチェックする3. 特定のWebサイトのSSL設定をチェックする4. 短縮URLの元のURLを取得する5. その他 …

PHP

Laravel 5 でのセキュリティ対策 (PHP)

目次1. ユーザーによる入力値の検証入力パラメータ値のエンコーディングが正しいことをチェックするMiddlewareの例制御文字を禁止するバリデーションルールを追加する例1. バリデーション用のクラス …

Web Security

JVN iPediaに載っていた脆弱性を調査する

JVN iPedia という脆弱性対策情報データベースの Webサイトがあるのですが、そこに載っていた JVNDB-2016-005868 という脆弱性情報について調査する過程を紹介します。 調査 ま …