Windows Tips

【Windows】重いアプリケーション(ソフトウェア)の優先度を低くして、他の作業を快適に行う

投稿日:2018年8月3日 更新日:

はじめに

Windows 10 での話です。

アプリケーションAを起ち上げて時間の掛かる重い処理をさせている場合、同時に他のアプリケーションBを起ち上げて何か作業しようとしても、処理がスムーズに行われず思うように進まないことがあります。

通常、アプリケーションAとBは同じ優先度でCPUを使うので、Aが制限なくCPUを使おうとすると、BがなかなかCPUを使えず処理が進まないのです。

※ CPU は、コンピュータにおいて「計算」を行う部分です。

対策はいろいろあると思いますが、今回紹介するのは、「重いアプリケーションAの優先度を落として、BにCPUをもっと使わせる」という方法です。

アプリケーションの優先度を落とす手順

(1) タスクマネージャーを起動する

スタートメニューをクリックし、”タスク” と入力するとタスクマネージャーが表示されますので、クリックして起動します。

(2) 重いアプリケーション(タスク)を探す

[詳細]タブを開き、[CPU]列のところをクリックして、CPU 使用率の降順でソートします。

重いアプリケーション(タスク)は一番上あたりに表示されるはずです。

タスクマネージャーの[詳細]タブ
タスクマネージャーの[詳細]タブ

この画面では、一番上に表示されたタスクが CPU 97% となっています。

(3) 目的のアプリケーション(タスク)の優先度を低くする

重いタスクを右クリックして、[優先度の設定] を選び、「通常以下」もしくは「低」を選択します。

まずは、「通常以下」に変更してみるのがよいでしょう。

タスクの優先度を低くする
タスクの優先度を低くする

本当に優先度を変更するか確認されますので、[優先度の変更]ボタンを押します。

※ CPUの割り当てを少なくすることによって何か問題が起こりそうなアプリケーションであれば、変更はやめておきましょう。

確認されるので[優先度の変更]ボタンを押す
確認されるので[優先度の変更]ボタンを押す

以上です。

この操作により、他のアプリケーションの動きが改善されるはずです。もちろんその代わり、重いアプリケーションで行われる処理の進捗は多少遅くなります。

まとめ

何かを解析するようなアプリケーションや、大きなプログラムをコンパイルしたりする時などに、今回の方法が使えると思います。
このやり方を知らないと、重くて時間の掛かるアプリケーションを動かしながら他のアプリケーションで作業するのはちょっと無理があるでしょう。という意味では必須の知識だとも言えます。

📂-Windows Tips

執筆者:labo


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Adobe Acrobat Reader DC をインストールする

Windows 7 に Adobe Acrobat Reader DC をインストールする手順を説明します。 目次手順Adobe Acrobat Reader DC のダウンロードAdobe Acro …

Windows

Windows の VirtualStore 機能

Windows Vista 以降には、VirtualStore という仕組みが導入されています。 目次1. VirtualStore の機能2. VirtualStore が導入された経緯3. ローカ …

Windows

【Windows 10】エクスプローラーをタブ化する QTTabbar

Windows のエクスプローラーにタブ機能を追加するアプリケーション「QTTabbar」を紹介します。

Windows

クリップボードの履歴管理アプリケーション CLCL の使い方

目次1. CLCL とは?2. インストール3. 基本的な使い方4. 設定[履歴]タブ[メニュー]タブ[ビューア]タブ[動作]タブ[形式]タブ[フィルタ]タブ[ウィンドウ]タブ[キー]タブ[ツール]タ …

エクスプローラーでフォルダを開いた時に、1つ目の項目を選択するキー操作

問題点 Windows のエクスプローラー上でフォルダを開いた時、上から1つ目の項目(ファイルもしくはフォルダ)をキーボードの操作によって選択したい場合、どうすればよいでしょうか? エクスプローラーを …